40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


ダイエット 運動・スポーツ全般

ネット通販でトランポリンが売れているのは、大人がダイエットするためらしい

 

今、ネット通販でトランポリンが売れているそうです。

それも、家庭用のトランポリンが!

 

売れている理由というのが、子供のためというのではなく、の運動用として大人がダイエットや健康維持のためというのです!

 

トランポリンといえば、子供がぴょんぴょん跳ねて遊ぶ遊具というイメージが強いですね。

本格的なのだと、体操競技の1つとしてオリンピック種目に取り入れられているのを目にしたことがあるのではないでしょうか。

いずれにせよ、普通の大人には無縁と思われたトランポリンがブームになっているのです。

 

ニュースになるほど盛り上がっている「大人」のためのトランポリン

この大人のトランポリンのブームというのが一部だけでなく、なんと地上波のニュースで取り上げられるぐらいなのです。

先日もあのNHKでも放送されていました。

跳ねるか?トランポリンブーム!

子どもたちが楽しみにしているクリスマスのプレゼント、そろそろ準備を始めている頃ではないでしょうか。みんな何がほしいのかなと記者がSNSの書き込みを調べてみたところ、意外な物が目につきました。「うちの娘、クリスマスプレゼントはトランポリンがほしいそうです」「保育園で孫たちが頑張ったので、ご褒美に大好きなトランポリン」「ネットのセールでトランポリンの販売開始すぐ申し込んだのに売り切れ」など「トランポリン」の人気がなぜか高まっている様子。人気の背景を調べてみました。

 

ネットショッピングの人気商品

実際にクリスマスプレゼントに選ぶ人は多いのでしょうか。

ネット通販大手の「楽天」に話を聞きました。先月1日から8日までに選ばれたクリスマスプレゼントのランキングでは、男性が選ぶプレゼントの3位、また女性が選ぶプレゼントの5位がトランポリンでした。

楽天によると人気は数年前から高まっていて、去年の売り上げは3年前に比べて3倍に増えたほか、ことしの売り上げは去年をさらに上回る勢いだということです。

「ことしは10月以降、注文が伸びています。重くて店で買っても運びづらいこともあり、自宅まで届けてもらえるネットで購入している人が多いようです」(楽天の広報担当)

 

施設が続々とオープン

トランポリンを楽しむ大型施設も東京近郊や関西、名古屋などの都市圏で続々とオープンしています。

何がブームのきっかけなのか、埼玉県新座市にある「トランポリン・パーク トランポランド」にお邪魔しました。
施設が続々とオープン
建物は一見するとただの巨大な倉庫。しかし中からは子どもたちのはしゃぐ声が聞こえてきます。入ってみてびっくり。月曜の昼過ぎという取材のタイミングにもかかわらず、子どもたちが至る所でぴょんぴょん飛び跳ねています。よく見ると家族連れのグループや、孫に付き添ってぴょんぴょん跳ねるおじいさんとおぼしき姿も。とにかく誰もが跳ねているその光景は壮観ですらあります。

広い店内にはトランポリンが合わせて30面以上設置されていて、スーパーマリオを題材にしたグラフィックが壁に描かれたアトラクションやトランポリンの上でドッジボールができるエリアなど、さまざまな楽しみ方ができます。

お店によると、施設で同時に遊べるのは100人までで、週末には入場制限で待ち時間が2時間ほどになることもあるそうです。

 

世界的なブームに

トランポリン人気は、実は日本だけでなく、世界規模で起きています。

「トランポリン・パーク」と英語で検索すると、タイのバンコクや中東・カタールのドーハなど、世界各地で同じような施設が次々にオープンしているのがわかります。

こうした人気の火付け役となったのはアメリカの「Sky Zone」。
アメリカの経済誌「フォーブス」の記事によると2004年に2店舗で開業したこの新興企業は近年、急成長を遂げ、ことし6月の時点で、6か国で176か所の施設を展開するまでになったということです。アメリカでは他の業者も参入して各地に600を超える施設があるとしています。

 

トランポリンでパーフェクト・ボディ

子どもの遊具というイメージが強いトランポリンですが、美しさを追求する女性たちの熱い視線も注がれています。

“トランポリン・フィットネス”なるものがあると聞き、東京・秋葉原にあるフィットネススタジオを訪れてみました。

日本初のトランポリン専用のフィットネスクラブという「jump one」は去年3月にオープンし、ことし都内や関西に相次いで4店舗をオープンしました。

スタジオにはずらりと並んだミニトランポリン。天井には光り輝くミラーボール!このスタジオの“売り”は「クラブ」のような照明の中、大音量の音楽に合わせてトランポリンで体を動かすことなのです。ノリのいい洋楽とともにレッスンが始まるとインストラクターの女性が指示を出してくれるのでリズムに合わせて跳びながら手足を動かします。

「足を開いて…閉じて…」「ユーキャンドゥーイッ!」リズム感が乏しい私は音楽から遅れないようにするだけで精いっぱいでしたが…た…楽しい…!45分間のレッスンが終わると腹筋やももに心地よい疲労感がありました。

ダイエットや運動不足解消を目指す20代から40代の女性から人気を集めているということで、参加した平日午後4時半のクラスには私を含めて10人の女性が参加していました。

31歳の会社員は1週間に4日は通っているというハマりっぷり。
「代謝がよくなり冷え性が改善しました。以前通っていたジムは単調で続かなかったのですが音楽に合わせてトランポリンで跳ねるのは楽しいので、仕事のストレスも吹き飛びます」

「jump one」のPRマネージャー下渡恵子さんは人気の理由を次のように分析します。
「トランポリンは誰でも取り組みやすく、心理的なハードルが低い一方、フィットネスの効果がすぐに出やすいことが人気の理由だと思います」

<2017年12月12日「NHK NEWS WEB」より一部引用>

 

少し引用が長くなりましたが、どうやらぱっと湧き上がったものではなく、ジワジワとブームになり、今年になり爆発したという感じです。

確かに、ただ飛ぶだけで良いので、やり方さえ間違えなければ、手軽でいいですよね。

またトランポリンはクッション性があり、体への負担も少ないので、ご年配の方にも良さそうですね。

 

トランポリンの運動効果は結構すごい!

では、実際にトランポリンで運動するとどれぐらいの効果があるものなのでしょうか?

家庭用トランポリンを販売している店舗の説明ページには次のように説明がされております。

トランポリンで跳ねる運動をすると、数十パーセント多く筋力が使われます!

 

・ダイエット効果

5分跳ね続けると、ジョギング約1kmど同じ運動量です。

・筋力アップ

全身運動になり、体全体がバランスよく鍛えられます。

・体幹トレーニングにもなる。

バランスをとりながらジャンプするので、自然と姿勢を整えようとするので、体幹が鍛えられます。

楽天の販売ページを参照>

 

実際にやってみると、リズミカルに飛べるので、やっている最中は疲れを感じることはそれほどないかもしれません。

しかし、運動量は想像以上になり、終わった後にどっと疲れが来るでしょう。

でも、むしろしっかりトレーニングできているという証拠ですから、無理のない範囲で続けていけば、知らず知らずのうちにダイエット良い運動になっていることでしょう。

これなら、面倒なランニング・ウォーキング、それに何種類もある筋トレをわざわざやる必要はありません。

 

また、最近の子供は外で遊ばなくなり、体力低下が懸念されております。

生活環境の問題もあるかもしれませんが、これを使えば、手軽に体力がつき、動くことでストレス解消にもなるでしょう。

 

 

単純でありながら、実に色々な運動効果が詰まったトランポリン。

家庭用のものであれば、コンパクトで折りたたみできるので、まずはこれからスタートするのもいいかもしれませんね。

 

medi8記事下

-ダイエット, 運動・スポーツ全般