40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


ダイエット 運動・スポーツ全般

サウナスーツを着て運動するなど無謀の極み!

 

よくテレビで太った方を集めてダイエットチャレンジなる特番が組まれることがあります。

その中でよく見るのが、サウナスーツを着て運動(エクササイズ)をしているところです。

あれを着て動くと、見たこともないような大量の汗をかいているシーンが映り、さも効果抜群のように見えますね。

実際にプロボクサーが試合に向けて減量するために、サウナスーツを着てロードワーク(ランニング)やスパーリングをしてい場面を見たこともあると思います。

そのためか、これならばダイエットに効果があるだろうということで、一般向けにもサウナスーツが販売されておりますね。

↑そう、こういうスーツですね。

 

しかし、サウナスーツを着て運動(トレーニング)するというのは、実は「ダイエット」としては適しておらす、とてもオススメできる物ではありません!

それはなぜなのでしょうか?

 

体重が減るメカニズム

まず、体重の増減に関わることについて軽く触れておこうと思います。

成人になるまでの過程や老年期に差し掛かっての衰えを除くと、人の体重が増減する要素というのは大きく分けて次の3つになります。

・脂肪

・筋肉

・水分

この中でいわゆるダイエットとして減らしたいのは「脂肪」になりますね。

筋肉は体を作る重要な要素になりますので、基本的には減らしてはいけないものです。

そして、水分は人の体の6~7割を占めておりますが、こちらも生命維持には必要不可欠なものです。

要は、ダイエットを成功させるには、いかに体についた余分な脂肪を減らすことができるかが鍵になるのです。

 

サウナスーツでの運動は水分が減るだけで効果は薄い

ここで話を本題に戻します。

まず、サウナスーツがどのようなものかということですが、通気性を遮断して、中に熱がこもりやすくして発汗を促すものです。

つまり、着ることにより汗を大量にかいて代謝をあげ、老廃物の排出をすることで痩せるというのが謳い文句になります。

 

確かに、サウナスーツを着て運動をすれば、運動前より痩せますが、それは体内の水分が抜けただけです。

運動後に、水分補給をすれば元に戻ります。

老廃物が排出すると言っても、もともと出さなければいけないものであり、体重減に影響するものではありません。

 

本来減らしたい脂肪は、運動をして燃焼させるしかありません。

実は汗をかいた量と脂肪の燃焼には相関関係はなく、いくら汗をかいたからと言っても、そのぶん脂肪が減ったということにはならないのです。

また、普段運動をしないのに、いきなりサウナスーツを着て動くと、本来は汗をかいて上がった体温を下げるはずが、中にこもってしまい、熱中症や脱水症状を引き起こす危険すらあります。

体温が下がらないまま運動をすると、たちまち頭がぼーっとして、すぐに疲れてしまい、トレーニングどころではなく、何とも効率悪い結果となるのです。

むしろ、快適な服装(Tシャツ、短パンなど)で運動したする方がパフォーマンスも上がり、脂肪を燃焼させるのには効果的なのです。

 

ちなみに、ボクサーが試合前にサウナスーツを着て減量するのは、すでに脂肪はギリギリまで落としており、後は体内の水分を落とすしかないためです。

そして、水分をギリギリまで落とし、計量が終わった後は、水分などを始め、食事もしっかりとって体重を増やすのです。

(体重が重い方がパワーがあり有利だから)

つまり、プロアスリートだからこそなせる業であり、一般人が行うのは危険なのです。

※テレビ番組のダイエットチャレンジでサウナスーツを着せてやらせるのは、テレビ映えするのと、水分が減り結果が目に見えやすいからと言えるでしょう。

 

もし、発汗で代謝を上げるのであれば、運動せずお風呂やサウナなどで

以上の通り「サウナスーツ」と「運動(トレーニング)」の組み合わせというのは行うべきではありません!

しかしながら、汗をかいて代謝を上げるというの悪いわけではありません。

代謝が上がれば、痩せやすい体質になるのはあながち間違いではありませんので。

 

もし行うのであれば、決して運動(トレーニング)を行わず、リラックスした状態で行い、水分補給を行うようにします。

オススメはサウナか入浴ということになります。

どちらも体を動かさずにリラックスした状態で行えますので、発汗作用を促すのには理想的な環境です。

 

入浴時に発汗を促す方法もいろいろあり、半身浴をする、発汗作用が高くなる入浴剤を使うなどということが思いつくでしょう。

それ以外だと、入浴用のサウナスーツというものもあり、自宅でサウナと同じような効果が期待できます。

これならば、体を休める効果もありますので理想的ではあります。

詳しくは下記を参照してください。

“バナナスリム”はゲルマニウム、遠赤外線セラミック、トルマリンを
高密度素材に練り込んだ特殊加工のお風呂専用「サウナスーツ」



 

ただ、発汗して代謝が上がりますが、あくまでも痩せやすい体質になりやすいということです。

実際に脂肪を燃焼させるのであれば、やはり適度な運動を取り入れるのが好ましいです。

 

medi8記事下

-ダイエット, 運動・スポーツ全般