40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


ダイエット その他ダイエット

ミス・ユニバース公式栄養コンサルタントが語る、ダイエットで気にするべき3つのこと

 

いざダイエットをしよう思い立ち、いろいろ調べていくと、巷にはこんなにもダイエットに関する本などであふれているのかとびっくりするのではないでしょうか。

食生活1つとっても、糖質制限を始め、ヴィーガン、グルテンフリーなどあります。

どれが効果的なのかというのは、それぞれのライフスタイルなどによって違いがありますので、一概にこれというものがないのが正直なところです。

こうなると余計混乱してしまい、何が何だか分からなくなってしまいます。

 

「何をすれば痩せることができるの?」

結局、一番知りたいのはこういうことですね。

 

エリカ・アンギャルが指南するダイエットで注意すべき3つのこと

今回は、これが完璧な答えかどうかはなんとも言えませんが、長年業界に携わる、さる著名なコンサルタントが、ダイエットで意識するべきポイントを3つ提示してくれました。

ミス・ユニバース・ジャパンのファイナリスト(最終審査)の公式栄養コンサルタントとして、候補者たちに指導をしているえりか・アンギャルさんです。

 

モデルといえば、ダイエットはもちろんですが、プロポーションを保つために全ての面で気をつけなければいけませんから、それを指導している方ということであれば、説得力も増すというものです。

さて、彼女が提示した3つのこととは、こちらになります。

①エレベーターやエスカレーターを使わず階段を使う

②寝る前3時間は食べない

③お風呂はぬるめの湯にゆったり浸かる

Asa-Joの該当ページより引用>

たったこれだけです。

 

痩せ体質に変わるきっかけになる「はじめの一歩」

この3つのルールを見て「本当にこれだけで痩せるの?」と思ったのではないでしょうか。

そう考えたあなたは「1ヶ月で10kg痩せた」などと劇的な変化を期待したのではないでしょうか。

しかし、そういうダイエットはできなくはないですが、体への負担が大きく、またリバウンドしやすいため、オススメできません。

 

ダイエットは日々の積み重ねなので、いかに習慣づけできるかが成功の秘訣ともいえます。

しかし、毎日となると運動を続けるのが辛いとか、毎日味気ない食事が続いてしまうなどストレスがたまってしまい、続かなくなってしまうというのも一理あります。

 

エリカ・アンギャルさんはその点も十分考慮されているのでしょう。

無理なく続けられる方法として、この3つを厳選したのでしょう。

本当にこれで良いのであれば、自分にも無理なく毎日できると感じたのではないでしょうか!

 

実は、ダイエットはいきなり無茶なことをせず、このように徐々に普段の生活習慣を改善していくというのが、心身ともに成功するやり方ではないかと感じます。

すぐに結果が出るというわけにはいきませんが、これからの長い人生、少しづつ歩んでも問題ないですよ!

 

3つの方法が有効である根拠

さて、実際に提示された3つの習慣ですが、本当に効果があるのでしょうか?

1つずつチェックしてみましょう。

 

まず1つ目の「エスカレーターやエレベーターを使わず階段を使う」というのは、体を動かし、脂肪を燃焼させることに他なりませんから、効果的だということは言うまでもないでしょう。

もし、これがウォーキングすると言うルールであったら、多分その時点で「や〜めた!」と離れてしまうかもしれません。

いわゆる「運動・トレーニング」と言う行為に特化しなかったことで、運動が苦手だったり嫌いであっても、普段の生活に取り入れやすいと言うのが大きいですね。

最初のうちは疲れやすいかもしれませんが、続けていくうちに、階段を上るのが楽になりますよ。

慣れてきたら、歩く距離を伸ばしたり、買い物などの際に少し遠回りするなどすると、より効果がアップしますよ!

 

2つ目の「寝る3時間前は食べない」と言うのは、食べてすぐ寝ると牛になると昔からよく言われておりますね。

そもそも、食べた後にすぐ寝るとダメなのはなぜでしょうか?

特に今回提示されている、就寝前も食べてしまうと良くないと言うのは様々な理由がありますが、特に大きな原因とされるのは次のことです。

・食べてすぐ寝てしまうと、身体は休養してしまうため、基礎代謝以外のエネルギーを消費できず、余分な脂肪分等が溜まってしまう。

・食べてすぐ寝ると腸の機能も低下してしまい、排出できなかったものが腸の中に残るため、体脂肪が増え、老廃物が長時間とどま理、腸内環境も悪化するため。

食べたものを消化するには3時間ほどかかると言われており、これが寝る3時間前に寝たらいけない理由の根拠でもあるのですね。

食事をするとどうしても、血液が胃や腸に集まりやすくなり、眠くなりやすくなりますが、ここは食べる量を少し減らすなどして、なるべく眠らないように工夫するのが良いですね。

 

3つ目の「お風呂はぬるめの湯にゆったり浸かる」と言うのは、ゆっくりとお風呂に入り、汗を流すことで痩せられると言うイメージがありがちです。

半身浴で減るのは体内の水分だけであり、脂肪分が減るわけではありませんので、直接痩せられると言うわけではありません。

しかし、お風呂で温まることにより、代謝が上がり、いわゆるリンパの流れが良くなり、老廃物が排出されやすい体質になります。

つまり、1日疲れきったり冷え切ったカラダをリセットする効果があり、翌日以降も活発に活動でき、体内の巡りも良くなり、その結果痩せ体質に近づけると言うわけです。

ダイエットでは、単に体を酷使させるだけではダメで、しっかり疲れをとり、動きやすい体にすることも大事なのです。

それを担っているのが入浴の習慣なのです。

毎日忙しくシャワーだけで終わらせてしまうことも多いかもしれませんが、体を湯船に入れれば疲れも取れリラックスできるので、是非取り入れたいところです!

なお、入浴での効果をさらに高めるならば「【イルコルポ】ミネラルバスパウダー」などの入浴剤などを利用するのもいいですね!

 

【まとめ】まずは1つだけでも何か習慣付けられれば成功の第一歩!

以上、ダイエットで気にするべき3つのことについて説明しました。

これを行なって、いきなりすごく痩せると言うことはさすがにありませんが、それでも何もせず手をこまねいているよりも、何か1つでも実行するだけで変わるものです。

ダイエットに限らず、何かを得るために必要なのは、とにかく行動することが大事と言われております。

まずは、とにかく自分ができることを、この3つの中から1つだけでも選んで実行しましょう。

続けることができれば、きっと変わりますよ!

 

medi8記事下

-ダイエット, その他ダイエット