40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


ダイエット その他ダイエット

40歳を過ぎてからでも85kgから-15kg以上減量できた理由、そして今後の課題

2017/09/09

 

このサイトを立ち上げ、主に自分と同じ40代の男女に向けたダイエットに関する情報、コラムを投稿しながら、自分自身もダイエットに励んでいます。

プロフィールでも触れておりますが、一時期は85kg(身長173cm)まで増えてしまい、健康診断でもこのままだと大変だと脅されてしまいました。

ここままだと、自分の見た目もそうですが、下手すると命に関わるかもしれないと言う恐怖感に襲われ、本格的にダイエットに取り組むため、スポーツジムに通い始めたのが、2年ほど前の2015年7月のことでした。

そして、先日(2017年8月下旬)、トレーニング終わりにいつものように体重測定をしたところ、なんと70kgを切り、69.4kgになっていました!

ここまで2年と言う歳月を要しましたが、一つの目標としていた60kg台まで落とすことに成功しました!

40代でも、やろうと思えばできたのです。

(まあ、時間がかかりすぎと言う意見もあるかもしれませんが、あまり無理しないようにしていたこともあるので)

ちなみに60kg台というのは、高校時代に部活をやっていた頃の体重で、引退してからやがて70kgオーバーになりましたので、20年以上ぶりの快挙ということになります(笑)

 

そこで、トレーニングを始めてから今日に至るまで、なぜダイエットに成功したかを振り返ります。

 

ダイエットに成功できた5つの理由

私が実際に取り組んだダイエットというのは、筋トレを有酸素運動を組み合わせた「トレーニング(運動)」と「食生活改善」だけです。

いわゆる痩せられるサプリの類は服用しておりません。

費用をかけたものといえば、スポーツジムの月会費とウェア類ぐらいです。

それだけではありますが、なぜ継続して成功できたかを次のようにまとめてみました。

 

①食生活は改善は後回しにし、運動することを優先したこと

ダイエットがなかなか続かないのは、すべてのことを一気に取り組み始め、完璧にこなそうとしてしまうからです。

そうなると、どうしても今までの生活のリズムが崩れ、逆にストレスが溜まってしまいます。

おそらく自分もそのパターンで失敗するかもしれないと漠然と思っていました。

ダイエットするには、やはり体を動かして体脂肪を燃焼させなければいけないとわかっておりました。

たまたま近所に24時間のトレーニングジムがオープンすることで、新たな気持ちで取り組めるなというのもモチベーションになりました。

何はともあれ、トレーニングをしないことには始まらないため、これを生活に取り込むことにしました。

そこで、食生活については、今まで通り変えないようにしました。

おそらく、今まで動いていなかったので、トレーニングするようになれば、体重が減り始めるだろうと思っていたので、そこから徐々に改善するように組み立てました。

 

②運動(トレーニング)を習慣化できたこと

個人的には、一番成果が出た理由がこれだと自負しております。

詳しくは「40代の自分がスポーツジム通いを継続できた理由を検証」で取り上げておりますが、思ったよりも体が動いたことが自信につながったことが大きかったと思います。

10年以上も本格的に運動をしておらず、40歳を過ぎていたため、ちょっと動いただけでボロボロになってしまうのではないかと予想していました。

タバコは5年以上前にやめていましたが、体力も相当落ちているだろうなと覚悟はできておりました。

ですが、予想に反し意外と体が動いたのです。

80kg台でここまで動けるものかと(笑)

自分自身がびっくりしました。

これにより、自分自身のモチベーションが上がり、徐々にジム通いが楽しくなってきました。

つまり、運動(トレーニング)は辛いと感じることなく、楽しいと感じることができたのが大きかったのです。

なので、トレーニングを継続するコツは、自分自身の中で楽しいと思えるように持っていけるかどうかが鍵です。

例えば、いい汗かいてリフレッシュできた、前回より多く動けた、参加したスタジオプログラムが楽しかった等々。

人によって楽しいと感じられるものは異なってきますので、これだ!というものを具体的に示すのは難しいですが、色々試しながら自分が楽しく続けられるものを見つけられれば、成功したも同然です!

 

 

③炭水化物を徐々に減らした

これは私自身のことになってしまいますが、ダイエットをする前の食事といえば、とにかく炭水化物が大好きでした。

ご飯は必ず2杯以上、カレーやチャーハン、丼物も好きで、頼めるのであれば大盛りは普通でした。

また、ラーメン、うどんなどの麺類も好きで、よく食べていました。

 

炭水化物がダメというわけでありませんが、やはり人に比べて食べ過ぎているなとは感じていましたので、徐々に減らすようにしていきました。

まずは、カップ麺を徐々に断ち切り、よほどのことがない限り、家でカップ麺は食べるのをやめました。

そして、丼物やラーメンの類は、少しずる外食の頻度を減らしていきました。

(まったく食べないというわけではありませんが、よくて月に1度か2度ぐらいです)

 

そして、家で食べるご飯(白米)は1杯までと決め、足りないものはおかずや野菜の量を増やしてカバーしました。

(この時カロリーのことはあえて考えないようにしました)

そうして徐々に炭水化物の食べ過ぎを減らすことができるようになりました。

 

④野菜と発酵食品を毎日食べる

ダイエットは腸内環境をよくすることも成功の秘訣になります。

そこで、単純ではありますが、まず、野菜は毎食食べるように心がけました。

最初の頃は、それこそスーパーやコンビニのカット野菜を買って、ドレッシングやマヨネーズをかけて食べておりました。

最近は、普通にそのままの野菜を買って、サラダにすることも多くなりました。

あとは、キャベツや玉ねぎ、乾燥わかめ、キノコ類、ほうれん草、ブロッコリーなどは、切って具だくさんの味噌汁にして食べるようにしています。

(これは、以前取り上げた一汁一菜を取り入れたものです)

 

そして、発酵食品も積極的に食べるようにしました。

以前から納豆は好きで食べていましたが、毎日どこかで摂り入れるようにしました。

ヨーグルトも最近はお昼にグラノーラを合わせて食べることが多いです。

また、味噌汁も毎日飲んでいるので、丁度良いですね。

 

昔から便秘の症状はなかったですが、下痢などお腹を壊すことは非常に少なくなりました。

少なくともダイエット開始前よりは腸内環境は改善されていることでしょう。

 

⑤NGメニューをあえて設けない

本気で短期間でダイエットする場合は、それこそ食べる物も限られて、苦痛を伴うこともあります。

でも40代以降のダイエットというのは、プロポーションを良くしたいという願望があるのは当然として、健康維持のために行なう方もいます。

なので、単に短期間で何キロ減ったということより、いかに継続できるかが大事なのです。

 

そのため、ずーっとそんな食事を続けていたら疲れてしまいます。

本当に食べたいものがあれば、別に食べたっていいのです。

もちろん毎日というわけにはいきませんが。

 

私も先ほど挙げた炭水化物類が好きなので、時々はダイエットのことを忘れて思う存分食べてしまうことがあります。

スイーツ類も嫌いではないので、時には口にすることもあります。

 

なので、食べたいものがあれば、我慢せず食べ、お酒を飲みたければ飲めば良いのです。

継続してトレーニング(運動)をし、日々の食事に気をつけていれば、それぐらい食べても十分カバーできるようになりますよ!

 

さらにダイエットを成功させるための2つの課題

以上が、私自身が心がけ、15kg以上のダイエットに成功した理由です。

しかし、実はこれで満足しているわけではありません。

最終的に目標にしているのは、体重65kg、体脂肪率10%前半です!

体重はあと5kgほどですので、継続すればなんとか達成できそうです。

それよりも難敵なのが体脂肪です!

 

体脂肪計で測定すると、内臓脂肪は標準ぐらいなのですが、皮下脂肪に当たる体脂肪が現時点で18〜20%ぐらいなので、これをなんとかしたいと考えております。

そのために、現在行なっていることのほかに、さらに改善しなければいけません。

自分ができておらず、改善するのは次の2点です。

 

①睡眠

実は、これがなかなか難敵です。

昔から夜型人間のため、眠くなるのが深夜1~2時ぐらいで、そこから大体5~6時間ぐらいしか寝ておりません。

こちらでも取り上げている通り、ダイエットに最適な睡眠というのは0時前に眠りにつき、そこから7時間程度と言われております。

これがしっかりできるようになれば、体の負担もかからず、痩せ体質に近づくのはわかっているのですが・・・。

なかなか長年の習慣は抜けきれないですね。

でも、やはり改善すべき点なので、年内までにはなんとかしたいですね、

 

 

②水分補給

これも以前に比べれば、意識して飲むようにはしているのですが、なかなか習慣化できないですね。

お茶、コーヒー、ジュース類を除き、純粋に水だけで1日2リットルは飲むのが理想です。

実際、モデルさんをはじめ、ダイエットをする際に行なっていることで必ず1番に挙げられることです。

(詳しくはこちらをごらんください、水太りが心配なからはこちらも参照してください。)

 

昼間は意識して定期的に飲み、トレーニング中は喉が乾くので必然的にしっかり飲むので良いのです。

しかし、トレーニングしない日になると、特に夕方以降、あまり飲まなくなってしまいます。

夕食が終わると、お腹も満たされてしまうため、どうしても水を飲まなくなってしまいます。

そのため、トータルで2リットルに満たないことが多くなるのです。

 

水をしっかりのめば、血液もサラサラになり、代謝も良くなり、老廃物等も尿や便などでしっかり排出されるようになります。

これはもっと意識して取り組んでいきたいですね。

 

まとめ

私の場合は時間はかかっているかもしれませんが、方法さえ間違えなければ、40歳を過ぎてからも痩せることはできるのです!

痩せるだけでなく、健康維持にもなり、病気予防にもなります。

とりあえず、一つの目標は達成しましたので、あとはできれば年内に睡眠などを改善して、目標を達成したいところです。

 

睡眠だけは、こちらに頼るのもありかもしれません。

新発想の『快眠サポート飲料』

medi8記事下

-ダイエット, その他ダイエット