40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


ダイエット その他ダイエット

ダイエットをすると気になる「おなら」のニオイ

2017/08/04

 

ダイエットにしっかりと取り組むと、徐々に体に変化が現れるのを感じることでしょう。

特に、食事の見直しで食物繊維を増やしたり、納豆やヨーグルトなどの発酵食品を増やし、腸内環境を改善しようと取り組まれている方も多いと思います。

私自身、食事面については野菜を食べる量を増やし、発酵食品を毎日食べるようにしております。

腸内環境を整えるということは、お腹にたまりやすい脂肪などをスッキリさせる効果があります。

そうなると、自然と便通も良くなりますね。

もしかすると、便秘が改善されたという方も多いのではないでしょうか。

 

便秘が改善されるのは喜ばしいことなのですが、ここでまた1つ困った問題が出てきます。

実は、私自身も思い当たることになります。

それは、おならがよく出るようになったことです。

しかもなかなか結構なニオイで・・・(つまりクサイということですね)。

 

これは腸内が活発に動き、しっかりと処理され、便が出ることにつながると考えれば、良いことなのでしょうが、実際のところ、これは健康的に良いことなのか疑問に感じます(特にニオイに関して)。

一般的に、尿の色や、便の色・形・柔らかさなどで健康状態を確認することができると言われておりますので、それに直結するおならのニオイというもの気になるところです。

あまりにもひどかったり、普通とは異なるニオイだった場合、もしかすると深刻な病気にかかっているかもしれません。

そうなると、ダイエットどころではありませんね・・・。

そこで、今回はおなら(屁)、特にダイエットに関わる事柄と合わせて確認していきたいと思います。

 

実は深い、ダイエットとおならの関係

色々と調べてみると、やはりダイエットに取り組んでいると、おならの回数が増えているというケースは多いようです。

食事もそうですが、運動によるダイエットを行うと、体内の脂肪が燃焼されることで、おならとなって排出されやすくなります

これは余分な脂肪が燃焼されると、汗や尿、そして炭酸ガスでも、おなら、そして便となり外に出て行くのです。

 

 

そもそも、おならは腸に溜まった空気であり、食事や水分を取ると、空気も同時にとりこむため自然と腸内に溜まるのです。

お腹に空気がたまると膨れてしまいますから、余分なものは外に出さなければならず、それがおならとして排出されるわけです。

その際、空気だけでなく、腸内にあるものも合わせて出すため、ニオイなども発生させるわけです。

また、おならは単に腸内に溜まった空気を出しているだけではありません。

腸内を刺激し、便を出しやすいように押し出す重要な役割もあるのです。

つまり、ダイエットのためにはおならがよく出るのは良いことであり、回数が増えているというのは腸の活動が活発になり、脂肪もよく燃焼されているという証拠なのです。

人前でするのは憚られるかもしれませんが、溜め込むのは良くありませんので、トイレに入るなど色々工夫をしながら、しっかりおならを出すようにしましょう!

 

おならのニオイで何がわかる?

ダイエットをすると、おならの回数が増えるということは、わかりました。

特に今まで便秘気味だった方は、目に見えて、おならの回数が増える傾向にあるようです。

おならは体にとって良いことはわかりましたが、どうしても悩ませることがあります。

そう、ニオイの問題です!

 

 

特に、肉類を食べたり、ニンニクなど刺激が強いものを食べるとニオイがきつくなるのは、よく知られております。

実際、健康のバロメーターとして、ニオイについてはどのように判断すれば良いのでしょうか?

おならには「クサイおなら」「クサくないおなら」と2種類あります。

言ってしまえば、当たり前の話なのですが、どんなさがあるのでしょうか?

 

臭くないおなら

クサくないおならは発酵型のおならとも言われております。

これは腸内が善玉菌が多く、整っているからです。

腸内環境が良いということは、ニオイも気にならないということなのです。

 

臭いおなら

一方、クサイおならは腐敗型のおならに分類されております。

ニオイの原因はアンモニアや硫化水素が含まれているからです。

腐敗型のおならが出るということは、腸内環境が良くない証拠とも言えます。

腸内の善玉菌は年齢を重ねるごとに減少傾向にあり、特に40歳を過ぎると悪玉菌が増える傾向があり、ニオイがきつくなると言われております。

 

臭いおならが出る原因

自分では気をつけていると思っていても、なぜかおならが臭いなあと悩んでおられる方もいるかと思います。

では、おならが臭くなってしまう原因とはどのようなことが考えられるでしょうか?

 

・食べ物

真っ先に考えられるのは、やはり食べ物です。

ダイエットに関連して考えると、糖質制限をしている方に多いようです。

糖質制限をしていると、自然とタンパク質や野菜がメインになり、糖質は少なくなります。

体づくりに重要な役割を果たすタンパク質ですが、大量に摂ると悪玉菌が増えやすく、おならも出やすいという特徴があります。

プロテインを使ったダイエットをしている方にも同じ傾向があります。

 

・便秘気味

これは食事量を減らしたりするダイエットをしている方に多いです。

便秘になるということは、体内に便などが溜まっているということで、腸内に長く滞留していると腐敗し、それがおならとなった時に強烈なニオイとなってしまうのです。

 

ダイエットに効果的な「臭くない」おならに改善するには

ダイエットに取り組み、おならの量が増えるのは良い傾向ですが、ニオイが臭いのは良くないということはわかりました。

理想は、ニオイがしないおなら(発酵型)が良いということです。

どうしてもおならの匂いがきつくて気になってしまうという方もいることでしょう。

これを改善できる方法があるのか、気になるところです。

実際の改善方法としては、腸内環境を整えるということになりますが、具体的にどのような対策をすれば良いのでしょうか?

次にあげることに気をつけて取り組んでみてください。

 

①乳酸菌の多い発酵食品を多く摂る

腸内環境を良くする一番の方法は、やはり善玉菌を増やすことです。

善玉菌が含まれるものといえば、ヨーグルト、納豆、味噌などの発酵食品になります。

なるべく毎日食べるように心がけましょう!

苦手だという方は、善玉菌が多く含まれるサプリメントなどを服用しても良いかもしれません。

 

 

②食物繊維の多い野菜については?

次に、善玉菌のエサとなる食物繊維をたくさん摂ることも重要です。

食物繊維が多く含まれるものといえば野菜になりますが、種類よっては硫黄が含まれていることがあります。

食べる分には、何ら影響はありませんが、量によってはおならが卵の腐ったような臭いに変わってしまうことがあります。

このような臭いがする野菜は、にんにく・らっきょう・玉ねぎ・長ネギ・にら・大根・キャベツなどが挙げられます。

栄養的にも良いので、積極的に食べたい野菜ではありますが、どうしても気になるなる場合は、食べる量を控えることで臭いを抑えることができます。

野菜以外には、きのこ類や海藻類などがオススメです。

 

③ストレス解消

腸内環境の悪化は、食べ物以外にはストレスも原因になります。

ストレス自体を避けるというのは、どうしても難しいかもしれませんが、自分なりのストレス解消方法を見つけて、緩和するように心がけたいものです。

また、体の疲れ(疲労)も原因になりますので、疲れた時は体をしっかり休め、睡眠時間も十分摂るようにすると良いです。

 

おならをするということは、どうしても恥ずかしいことですが、ダイエットに取り組んでいる時は、腸内が改善されている傾向でもありますので、我慢せずどんどん出すようにしましょう。

そして、ニオイについては食生活などに気をつけて改善し、腸内環境を整えて健康的な身体を手に入れるようにしたいものです。

 

腸内環境を整えておなかスッキリ!乳酸菌発酵エキスと贅沢ポリフェノール【善玉元気】
 

medi8記事下

-ダイエット, その他ダイエット