40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


ダイエット その他ダイエット

40代以降になると痩せにくくなる4つの原因と3つの対策

2017/08/02

 

このサイトは「40代でも成功するダイエット」と銘打って開設したサイトで、実際40歳を過ぎた私が実践しているダイエット方法をもとに記事を書いております。

しかし、実際にダイエットにチャレンジすると直面する問題がたくさんありますね!

 

「昔はもっと早いペースで落とせたのに、なかなか減らない・・・」

「若い時はいくら食べても太らなかったのに、最近急に太りだした!」

 

そう、若い時に比べやせにくくなったという現実を知るのです。

若い時と違って体力もなくなったし仕方がないのかなと諦めの声も聞こえてきそうですが、果たして原因はそれだけなのでしょうか?

今回は、一度原点に立ち返り、40代以降のダイエットはなぜ痩せにくいのかという問題点を検証してみます。

そして、どのようにしていけば痩せるのかも考えてみます。

 

40代以降に痩せにくくなる4つの原因

まず、40歳を過ぎると、なかなか痩せにくく、太りやすくなる原因はどのようなものがあるのでしょう。

主に次の4点が考えられます

 

①基礎代謝の低下

基礎代謝とは、何もしなくても使われるエネルギー、つまり呼吸したり、体温を保ったり、血液を循環させたり、生きている最低限の運動量です。

基礎代謝は10代をピークに、年を重ねるごとに減っていきます。

40代以降になると、それが顕著に現れ、食べる量(摂取エネルギー)は変わらないのに、太るスピードは速くなってしまうのです。

 

②筋肉量減少

これも①と同じになるのですが、筋肉量は20歳前後がピーク、そして何もしなければ徐々に筋肉も減少していきます。

筋肉の減少は、基礎代謝の低下にもつながり、消費エネルギーも減っていくのです。

 

③女性ホルモンの減少・乱れ

こちらは主に女性に当てはまることになります。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは食欲を抑制する働きがあるのですが、40代になるとエストロゲンが減り、食欲が増え、内蔵脂肪が燃えにくくなると言われております。

もし、お腹周りが目立ち始めたら、女性ホルモンが減少しているかもしれません。

そしてエストロゲンの減少により、もう1つの女性ホルモンであるプロゲステロンとのバランスが取れず、結果として女性ホルモンのバランスが崩れやすくなります。

女性ホルモンのバランスが乱れると、さまざまな不調を引き起こしますし、満腹中枢を刺激し、食欲を抑えたり、脂肪を消費する働きを良くしてくれるエストロゲンのバランスが崩れることは太る原因になります。

 

④セルライトの蓄積

40歳を過ぎ、筋肉量が徐々に減ることはすでに触れた通りですが、その影響で、お腹まわりやお尻、そして太ももを中心にセルライトが付きやすくなります。

セルライトとは皮下脂肪のかたまりのことです。

皮下組織の中に脂肪細胞があり、その周りには毛細血管や毛細リンパ管が張り巡らされ、老廃物を吸収し、血液に排出する働きを持っています。

しかし、老廃物を吸収しきれずにあふれ出てしまうと、脂肪細胞に吸着してしまいます。

これが積み重なってできたものがセルライトなのです。

セルライトができると、不要な老廃物がたまってしまい、スムーズに排出されなくなってしまうので痩せにくくなってしまい、むしろ太りやすくなってしまうのです。

 

それ以外に、食生活の乱れやストレスなどが原因に挙げられるケースもありますが、これは40代ではなく30代以下でも痩せにくい原因となりますので、当然ながら注意は必要です。

 

40代以降でも痩せるためにできる3つの対策

40代になると、やはり身体の衰え等はどうしても避けられず、痩せにくく太りやすい体になってしまいます。

では、このまま太る一方なのでしょうか・・・。

大丈夫!、ちゃんと対策をすれば太ることなく、うまくいけば今まで以上に痩せることだって可能です。

そのためには、次の3点に取り組むと良いでしょう。

 

①原則はやはり食生活と適度な運動、そして睡眠!

これをみて、何だ、結局それなのかとお思いの方もいるでしょう。

しかし、基本的なダイエットは、何歳になろうとも同じです。

食べ過ぎたり、食事の栄養バランスが悪ければ、どうしても太ります!

そして、適度に体を動かしてカロリーを消費しなければいけませんし、筋力をつけて基礎代謝も維持するのも、40代になっても十分効果があるのです。

 

そして、特に40歳を過ぎて重要視してもらいたいのは「睡眠」です。

睡眠の重要さは【ルール5】でも触れておりますが、歳をとると疲れが溜まりやすくなり、仕事等でも責任ある立場になる方も多く、ストレスもより多く抱えるてしまうことは避けられないと思われます。

そのため、生活リズムも崩れやすく、睡眠が十分に取れないかもしれないのですが、ここはできるだけ睡眠時間を確保できるよう見直しをしたいところです。

 

食事時間は不定期でバランスを取るのが難しい、運動をする時間もなかなかないというケースもあるかもしれませんが、それならば、せめて睡眠に重点を置くよう心がけてください。

それぐらい、睡眠は重要なものなのです!

 

②女性ホルモンに効くものを積極的に摂る

40を過ぎて痩せにくくなる原因の1つである女性ホルモンに関するものですが、女性ホルモンに効くと言われる食材を食べることで、影響を少なくすることもできます。

摂ると良い栄養素は次の通りです。

・イソフラボン

大豆製品に多く含まれています。

・ビタミンE

ホルモン分泌を促します、アーモンド、ウナギなどに含まれています。

・ビタミンB6

女性ホルモンの一つであるエストロゲンの代謝に必要、鮭、まぐろ、さんま、いわしなどに含まれています

・ビタミンC

ストレスがあるとホルモンバランスが崩れてしまいます。ビタミンCは、ストレス軽減に役立ちます。野菜や果物に含まれていることが多いです。

・DHA、EPA

ホルモン分泌を活発にします。青魚に多く含まれています。

 

もちろん、女性だけでなく男性にとっても栄養価の高い食べものですので、女性ホルモン云々関係なく、積極的に食べるようにしましょう。

 

③セルライト対策

そしてもう1つ、セルライトです。

基本的にセルライトができてしまうと、なかなか除去できず、エステサロンなどに行って減らしてもらうことが多いとされます。

しかし、サロンなど、なかなかいけないという方もいるかと思います。

その場合、自分自身でできる対策としては、温めて血行を良くすることが効果的です。

血行を良くすることで老廃物を排出するだけでなく、代謝を良くして脂肪を燃やせます。

唐辛子や肉類など代謝を良くするものを食べたり、ストレッチなどちょっとした運動をすることで改善することができます。

セルライト対策に「ミネラルボディクリーム」

 

まとめ

以上の通り、40代になっても基本的にはダイエットを行う方法は若いことを何ら変わりませんが、普段以上に食事や運動を見直して、積極的に取り組むと良いでしょう。

人により体質等の差はありますが、歳をとることだけは、誰にでも平等にやってくるものなのです。

なので、歳をとって痩せにくくなったと悲観せず、それを受け入れることがダイエットを成功させる秘訣なのかもしれませんね。

 

 

medi8記事下

-ダイエット, その他ダイエット