40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


ダイエット その他ダイエット

皮下脂肪は、揉みほぐして減らす方法もアリ!

2017/07/27

 

以前、内臓脂肪と皮下脂肪の違いについて当サイトでも取り上げており、内臓脂肪は比較的落としやすく、皮下脂肪は落としにくいということを説明しました。

皮下脂肪は、特に女性につきやすい傾向があり、お腹周りをはじめ、お尻、太もも、二の腕がプルプルとたるんでしまい、さらにひどくなると全身にくまなくついてしまい、顔も膨れてしまいます。

前回は、内臓脂肪と比較しながら、皮下脂肪の落とし方について説明しましたが、今回は皮下脂肪だけに焦点を当てて、ダイエット方法について触れたいと思います。

 

あたらめて皮下脂肪について知る

この項目でも、あたらめて皮下脂肪について説明しておきます。

内臓の周りを覆うようにつく脂肪が内臓脂肪で、その外側につき、全身の皮膚の下につきやすい脂肪が皮下脂肪になります。。

特に太ももやお尻など下半身につきやすく、お腹周りも多いとされます。

どうしても悪者扱いされてしまう皮下脂肪ですが、体温の維持、内臓を衝撃から守る重要な役割を持っています。

特に女性は大切な臓器を持っていること、子育ての時期に授乳などで栄養を蓄えるため、どうしても男性より皮下脂肪がつきやすくなると言われております。

 

内臓脂肪と違い、皮下脂肪が多くても、生活習慣病をを引き起こすことはあまりありません。

しかし、どうしても体型の悪さが目立ってしまうこともあり、さらに皮下脂肪をそのままにしているとセルライトになることもあります。

 

 

先ほど触れたとおり、適度な量であれば皮下脂肪は体を守る大事な役目を持っております。

しかし、食べ好き、運動不足になると必要以上に脂肪がついてしまいます。

女性の場合、ストレスによる過食、ホルモンバランスがくずれてことで皮下脂肪がつきやすいことが多くと言われます。

 

皮下脂肪の落とし方は「食事」「運動」で大きく落とし、残りは揉みほぐす!

皮下脂肪は内臓脂肪に比べると、落としづらい脂肪です。

実際にダイエットを実施すると、どのような方法であれ、まずは内臓脂肪から減り、その次に皮下脂肪が落ちます。

特に男性の場合、多く膨らんだお腹は結構硬く、摘むことが難しいのですが、徐々に体重が落ちるにつれてお腹周りの皮膚がたるんできます。

そうすると、結構簡単に皮膚を摘むことができるようになります。

一時的には少したるんで見栄えが悪くなりますが、むしろしっかりダイエットの成果が出ているということですので、ここまでくれば後一息です!

 

 

皮下脂肪の落とし方も、基本的には内臓脂肪の落とし方と同じで、適度な食事と運動が原則です。

もし、思っているよりも体重が多く、脂肪も多い場合は、まずは食事量などを見直し、できるだけ多く動くことで脂肪を燃焼させましょう。

そうすることで、まず脂肪を大きく減らします。

最初は、なかなか成果が出てこないかもしれませんが、1〜2ヶ月経過すると徐々に体重が減り、そこからは減るスピードも速くなります。

(なお、この際、極端な食事制限はしないでください、すぐに体重へ減りますが、元の食生活に戻るとすぐリバウンドします)

 

ある程度脂肪が落ち、お腹周りの脂肪がたるむようになれば、あと一息です。

ここでも、引き続き運動を継続し脂肪を燃焼させましょう。

そして、さらに加速させたい場合には、皮下脂肪を「揉む」ことで効果がアップします!

 

皮下脂肪は外部の刺激で燃焼を加速させる

皮下脂肪は、皮膚のすぐ下にあるため、外からの刺激を加えることも可能です。

有酸素運動などで「内側」からの燃焼を行い、さらに揉んだりすることで、リンパの流れや血液の流れをよくし、皮下にたまった脂肪を解きほぐし、脂肪燃焼を促進する効果が期待されます。

 

 

そのためか、最近のダイエット関連アイテムでは、サプリメントのように服用して内側から効かせるものよりも、アセチノのように、外から脂肪を強力に揉みほぐす商品が人気のようです。

よく、エステサロンなどで、お腹や太ももをマッサージしてもらうのと同じことですね。

 

皮下脂肪について言えば、マッサージなどのように外部からの刺激は効果があります

こちらも継続することが必要ですが、さすがにいつもサロンにかかるとなると、費用などの面で難しいですよね。

また、自分の手で行うセルフマッサージも思ったように刺激を与えられない場合があります。

それをさらに促進させる方法として、アセチノや下記のボディカルのようなアイテムが有効であるといえます。



 

もしかしたら、最初のうちは痛いかもしれませんが、皮下脂肪に効いていると思えば大丈夫でしょう。

使っていくうちに慣れてくると思います。

 

 

最後にまとめると、皮下脂肪を落とす有効な方法は、

・食事の見直しと運動で大きく落とし

・直接揉みほぐして(マッサージして)燃焼を促進させる

 

この2段構えで、根気よく継続できれば、きっと脂肪を落とすことができるでしょう。

 

medi8記事下

-ダイエット, その他ダイエット