40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


ダイエット その他ダイエット

実際のところ、サウナでダイエットは可能なのか?

2017/07/20

 

お手軽なダイエットとして、効果がありそうに思われているものの1つとして、サウナがあります。

高温の室内に入り、たっぷりと汗をかくので、それだけで痩せるイメージがとても強いですね。

温泉やスーパー銭湯、あるいはスポーツジムなどに併設しているお風呂場など、大きな入浴施設には、ほとんどと言っていいぐらいサウナがあります。

頻繁にそういう施設に通っている方は、こういう機会に少しでもダイエットができればと思い、サウナに入る方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、実際のところ、サウナのダイエット効果はあるのでしょうか?

 

サウナで得られる効果

まずは、サウナに入ることで得られる効果について触れておきましょう。

 

サウナはご存知の通りフィンランドが発祥で、その歴史は1000年以上にもなるそうです。

日本には1960年代に持ち込みされ普及しました。

(それ以前には蒸し風呂のようなものはありましたが、現在のよく知られるものは最近普及したのです。)

 

サウナの中の温度は、乾燥した状態で80度〜90度ほどになっております。

その中に入ることで、普段の生活ではかくことがないであろう大量の汗が出るのです。

 

サウナに入ることで、次のような効果があると言われております。

 

・デトックス効果

サウナに入ることで身体を温めると、血液の流れを良くなり、溜まっていた老廃物を血液と一緒に流れ、汗や尿と共に排出するのを助けてくれ流効果があります。

特にサウナでは、大量に汗をかくので、そこから老廃物や毒素が排出されていきます。

さらに、その効果で肝臓を活性化され、基礎代謝も上がります。

 

・ストレス解消効果

サウナによる高温の空気が全身の皮膚を刺激し、中枢神経の興奮が高められます。

これによって、神経による身体機能の調整が促され、ストレスの解消になるのです。

 

・疲労回復効果

体温を高めると血流を早くすることで、その結果酸素の摂取量が増え、筋肉疲労物質を分泌するなど、肉体疲労を回復します。

先ほど述べたデトックス効果もあり、老廃物が排出されることでより疲れが取れやすくなります。

さらに血の巡りが良くなることで、肩こりや腰痛の改善も期待されております。

 

肝心のダイエット効果は?

サウナの効果はわかりましたが、肝心のダイエット効果についてはどうなのでしょうか?

 

結論から申し上げると、直接脂肪を燃焼させての減量はできませんが、代謝を上げて痩せやすい体を作ることは可能です。

サウナに入って体重が減るというのは、汗で出た水分が抜けただけです。

 

しかしながら、先ほども述べた通り、代謝が良くなり老廃物などが排出されやすくなれば、余計なものを溜めにくくなる体を作ることができます。

また、サウナに入ると自律神経を整える機能も働き、脂肪燃焼が活性化されます。

(自律神経のうち、交感神経には脂肪の燃焼を促したり代謝を良くする働きがあり、逆に副交感神経には脂肪をため込み代謝を低下させる働きがあります。)

つまり、サウナを併用し、適度な運動と食生活に気をつければ、ダイエットによる体重減少のスピードが早まる可能性が高くなるということです。

 

 

 

ダイエットに効果的なサウナの入り方

では、実際にどのような方法でサウナに入るのが良いのでしょうか。

 

事前準備

・十分に水分補給をする

当然ですが、サウナでは大量に汗をかきますので、水分が足りていないと脱水症状を起こす危険もあります。

 

・体を洗う

サウナに入るときに汗線が塞がっていては、発汗効果を最大限に活用することができません。

そのまま入って汚れを汗と一緒に流そうと考えがちですが、効果は半減します。

 

・体を温める

汗を効果的にかくには体を温める必要がありますので、事前に湯船に浸かるのが良いです。

 

・入る前に身体の水分を拭き取る

身体は乾いた状態で入るほうが、発汗しやすいので効果が高くなります。

 

入浴手順

①10分前後入る

一応の目安ですが、途中できつくなったら、すぐに切り上げても問題ありません。

逆に、それ以上入るのも危険ですので、1回に入る時間は10分程度にとどめましょう。

 

②シャワーで身体を流す

サウナから出たあとは、ぬるめのシャワーなどを浴びて汗を流しましょう。

熱いお湯や冷水をいきなりかけたりするのは、心臓にも負担がかかるので危険です。

 

この後は、よく水風呂に入る方もおりますが、これはどちらでも良いです。

もし入る場合は、30秒程度に留めるようにします。

 

③5~10分休憩

サウナの中では、いうなれば酸欠状態になっており、さらに血行もよくなっているため多くの酸素を必要としています。

新鮮な空気を吸って、血中の酸素を元に戻し、心拍数も上がっておりますので落ち着かせます。

 

④(可能であれば)①〜③を繰り返す

効果的に入るには4〜5度ほど繰り返すのが良いと言われておりますが、こちらについては体調などを考慮して行うようにした方が良いです。

もし繰り返すのであれば、その日、運動などで体力を消耗していない場合がオススメです。

 

スポーツジムなどでのトレーニングの後は、1度で十分です。

繰り返し行うと、かなり体力を消耗し、逆に疲労を増やしてしまいかねません。

個人的には多くても2度で十分と考えております。

 

 

なお、サウナを出た後は、十分に水分補給を行うようにしてください。

また、食後すぐに入ること風邪等具合の悪い時には入るのは避けてください

飲酒後にアルコールを抜くためにサウナに入るなどもってのほかです。

 

以上のことを注意して、無理をしない範囲でサウナに入り、効果を高めましょう。

 

自宅でサウナ級の発汗【イルコルポ】ミネラルバスパウダー お試しトライアル

 

 

medi8記事下

-ダイエット, その他ダイエット