40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


食事 ダイエット

「ダイエットは食事9割」と言われるのは、あながち嘘ではないと思う

 

本格的にダイエットを始め、運動と食事の見直しと行い、実際に痩せることができました。

しかし、ある時を境に、体重の減りが止まってしまいました。

 

標準体重には、あと5~6kgは落としたいのですが、どんなにハードに運動しても変わらないのです。

食事も余計なものを食べないようにしたり、少し量を減らしてみるなど工夫をするものの、やはり変化しません。

 

そんな時に、とある本を見かけ、「ダイエットは運動1割、食事9割」という文字が目に飛び込んできました。

やはりここから体重を減らすには、もっと徹底的に食事のテコ入れをしなければいけないのかと感じてはいました。

藁にもすがる思いで、その本を手に取り読み進めることにしました。

 

痩せるためには食事に9割気を使うべき理由は?

読んだ本というのはこちらです。

こちらはスポーツトレーナーの森拓郎さんの著書です。

スポーツトレーナー、いわゆる運動指導者であれば、ダイエットは運動命と提唱しそうな気もするのですが、そうではないのですね。

 

確かに運動だけではなく、食事も大事だというのはわかります。

しかし、その比率が食事9割というと、せっかく一生懸命運動してもダメなのかとがっかりしてしまいますよね。

でも、実際に本を読み進めていくうちに、その理由が納得できるものとなりました。

 

大きく分けると、次のような事由が挙げられます。

・運動すればするほど食欲がわき、食べすぎてしまう

・運動すると糖質が欲しくなるため、炭水化物を取りすぎる傾向がある

・筋肉を増やして基礎代謝をアップしてもさほど痩せないという事実

・太る原因は、やはり精製されたり液体化された糖の取りすぎ

・パンが好き

 

やはり食事面で油断をしてしまうのです。

私の場合は、どうしてもパンが好きで、特にトレーニング後の夕食は空腹になりやすいので、ボリュームのあるものを食べてしまいがちです。

無意識のうちに、小麦粉や塩分などを取りすぎているのが原因かもしれません。

 

痩せるためにはどのような食事を心がければ良いのか

運動をしてもなかなか痩せないのは、食べすぎてしまうこと、そして食べるものに問題があることはわかりました。

それでは、痩せるためには、どのような食事を心がければ良いのでしょうか?

・基本は全粒粉や玄米などを食べるのが良い

・和食をメインに献立を作る

・「マゴワヤサシイ」食材を中心に、味噌も

・塩分の取りすぎに注意

・タンパク質は2割は肉類、8割は豆と魚が好ましい

(マ:豆類、ゴ:ゴマ・種子類、ワ:ワカメ等海藻類、ヤ:緑黄色野菜、サ:魚、シ:椎茸などキノコ類、イ:イモ類)

 

やはり和食は最高なのですね。

なお、こちらはあくまでも「痩せるため」の方法ですので、ボディメイクのために筋肉を増やしたいと言った場合などは、赤身のお肉の量を増やしたろするなどすれば良いですね。

もちろん、食べ過ぎには注意しましょう。

 

 

なお、ダイエット以外にアンチエイジングや健康に良い食事を追求したい場合は、こちらもオススメです。

炭水化物の過度なカットはあれですが、サプリやプロテインに頼らない方法など、参考になることも多いです。

 

 

medi8記事下

-食事, ダイエット