40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


食事 ダイエット

腸活で注目!「クレンズフード」とは?

 

ダイエットを成功させる秘訣の1つに、食事に気をつけるというのはいうまでもありませんが、食事に気をつけるということは、体内環境を改善することにつながります。

特に栄養の吸収や食べ物等の消化に重要な役割を持つ腸の状態で、ダイエットはもちろん、美容、健康に影響を及ぼします。

そのため、善玉菌を増やして腸内環境を良くする「腸活」が注目されております。

 

腸内環境を良くする方法として、ヨーグルトや納豆などの発酵食品、食物繊維が豊富な野菜をたっぷりとるといったことが思い浮かぶのではないでしょうか。

それはそれで間違いないのですが、最近はそれに加えて「クレンズフード」なるものが注目されております。

先日、ニュース(ワールドビジネスサテライト)などでも取り上げられており、クレンズフードを取り扱っておるメーカーやお店が紹介されておりました。

今後ブームがさらに広がれば、ますますクレンズフードが身近なものになるのではないでしょうか。

そこで、今回はクレンズフードとはどんなものなのか取り上げ、その効果のほどをみていきましょう!

 

クレンズフードとは?

まずは、クレンズフードとはどういうものか知らないことには話が進みません。

「クレンズ(Cleanse)」というのは「洗浄する、浄化する」という意味があります。

いわば、食事でデトックスするイメージが強いですね。

このクレンズフードというワード、どこが発祥なのかというのは、明確ではないのですが、海外のセレブが取り入れ、それが日本に上陸したのは間違いないようです。

日本では、ヘアケア商品スカルプDのアンファーが「Dr.’s Natural recipe(ドクターズ・ナチュラル・レシピ)」というフードブランドを立ち上げたり、ELLE Cafeでジュースなどのクレンズフードを提供しているのが有名です。

今のところ、目立った動きはこれぐらいですが、今後ブームがやってくれば、他のメーカーも追随してくるのは間違いないでしょう。

クレンズフードの特徴として次の3点が挙げられます。

 

①栄養が豊富

ビタミンやミネラルなど多くの種類の栄養素、最近注目のファイトケミカルも含まれているものもあります。

ファイトケミカルは「植物性化学物質」のことで、ポリフェノールやカテキンなどに多く含まれ、免疫力や抗酸化力アップにつながり、病気予防やアンチエイジング効果が期待されている栄養素の1つです。

 

②体内浄化

食物繊維を豊富に含み、乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌が豊富に含まれているものもあります。

また、クレンズフードは低GI値が低いのも特徴です。

GI値とは、食事をすることで上がる血液中の糖分量(いわゆる血糖値)のことです。

食事をすると血糖値が急激に上昇し、それを下げる「インシュリン」と言われるホルモンが分泌されます。

インシュリンは脂肪を作り、その分解を抑える作用があるため、インシュリンが過剰に分泌されると肥満につながりやすくなります。

それを抑えるために、なるべく血糖値が上がりにくい低GI商品がダイエットにおいて注目さrているのです。

 

③アレルギーフリー、添加物フリー

クレンズフードは不要物を体にため込まないという観点で作られており、、添加物やアレルギー特定原材料の使用も極力控えられているのが特徴です。

その中でも注目を集めているのがグルテンフリーの食品です。

※グルテンフリーについては、こちらでも説明しておりますが、あくまでも小麦アレルギーがある方向けの食品ですので、アレルギーがない方は、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

 

 

クレンズフードをとることによって得られる効果

クレンズフードを摂ることで、体内、特に腸内が浄化されることはわかりましたが、具体的にはどのような効果が期待されているのでしょうか。

期待される効果といえば、腸を整えるということを考えれば次の通りですね。

①ダイエット

②美肌・アンチエイジング

③健康維持

 

腸内環境が良いということは、余分な脂肪や老廃物などを排出されますので、ダイエットはもちろん、お肌の調子も良くなりますし、見た目も若々しく見えますね。

そして、悪玉菌も少なく、活動が停滞しますので、大腸ガン等など病気のリスクも低くなりますから、健康にも良いですね。

 

 

自宅で手軽にクレンズフードを食べる

ダイエットや美容、アンチエイジングに良いと注目されておるクレンズフードですが、自分で取り入れてみたいときはどうすれば良いのでしょうか。

一番手軽なのは、先ほども触れた「Dr.’s Natural recipe(ドクターズ・ナチュラル・レシピ)」ブランドで取り扱っている「アンファーストア」に数々の商品が揃っておりますので、こちらで入手するというのが便利そうです。

それ以外でしたら、自分で野菜やフルーツを購入してコールドプレスジュースを作ったり、コンプチャなどもクレンズフードとして注目されておりますよ。

もっと手軽に取り入れるのであれば、普通にプレーンヨーグルトを食べるだけでも良いですね。

 

なお、注意して欲しいのは、ダイエットに良いからと、食事の代わりに置き換えダイエットなどで摂取することです。

これだと体を作るタンパク質が不足して、痩せたとしてもリバウンドする恐れがありますので、取り入れるのであれば、食前に飲んで、その後の食事を減らすなどして栄養バランスを崩さないよう気をつけましょう!

 

medi8記事下

-食事, ダイエット