40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


食事 ダイエット

やはりお米はダイエットの味方!安心してしっかり食べましょう!

 

最近は糖質制限(ローカーボ)ダイエットが主流になったせいか、お米をはじめとした炭水化物を控えたり、中には全く口にしないという方もいるのではないでしょうか。

しかし、お米は古来より日本で食べられていた食品です。

もし、お米を食べて太るというのであれば、日本人はみんな太っているということになりますが、そんなことはありませんね。

ここまでお米がダイエットの目の敵にされているのは、つい最近の話です。

 

でも、最近では、やはりお米は日本人にとっては欠かせないものであり、食べ方さえ間違えなければ、ダイエットの心強い味方であるのです。

以前、ハイレジダイエットのことを取り上げ、冷や飯が効果があるということについて触れましたが、別にせっかく炊いたお米をわざわざダイエットのために冷やして食べることもないのです。

せっかくならば、やはり炊きたての温かいご飯を美味しく食べたいものです。

今回は、実はご飯はダイエットの味方であるという理由と、オススメの食べ方について述べたいと思います。

 

ご飯(お米)がダイエットの味方であるという理由

2017年でのダイエットの常識として、ご飯や小麦類(パン、麺類など)はあまり口にしないということが浸透しております。

これは炭水化物から食物繊維を除いた、糖質と言われるものが原因とされております。

本来、糖質は体のエネルギー源となる重要なものなのですが、その一方で血糖値を上げやすく、食べ過ぎると肥満繋がると言われているからです。

これはお米が好きな方にとっては、とても辛いところですが、最近はお米はダイエットに適しているという意見も徐々にあがってきております。

実際にご飯(お米)がダイエットに良いとされているのは、次のような理由からです。

 

①主食の中では脂肪が少ない

お米に含まれる脂肪分はほとんど0に近いです。

それ以外の主食は、パンは脂肪分が多く含まれるものがありますし、パスタや麺自体には脂肪分は少ないながらも、一緒に食べるスープやソースに脂肪が多く含まれますので、やはり脂肪の取りすぎを引き起こす可能性があります。

その点、お米は食べ方を工夫すれば、脂肪の取りすぎを防ぐことが可能です。

 

②エネルギー密度が低い

エネルギー密度とは、食品1g当たりの熱量のことであり、食べ物の重量が大きいと摂取カロリーは低くても満腹感が得られます。

ダイエットでカロリーをあまりきにすることはないのですが、それ以外のおかず類(特に肉等のタンパク質類)のカロリー量が高いため、カロリー低めのお米をある程度食べても、トータルでのカロリー過多を心配することもなくなるでしょう。

 

③腹持ちがよく食べ過ぎを防げる

白飯に含まれる水分量は全体の半分ぐらいを占め、これは他の主食に比べ圧倒的に多いです。

水分を多く含んだ白飯が満腹感をもたらし、長く続きますので、間食も減ると言われております。

間食がやめられない方は、食事の際にお米を取ることをオススメします。

 

 

ダイエットをより効果的にするご飯(お米)の食べ方

以上の通り、お米そのものを食べて太るということはないことは、お分かりになったことでしょう。

やはりお米は食事に欠かせないもので、特に運動・トレーニング時のエネルギー源ともなりますので、トレーニングをする日は朝食、昼食でしっかり食べておくと、パワーとスタミナが全然違います。

でも、せっかくお米を食べるのであれば、よりダイエットに効果がある方法で食べたいですね。

そこで、実際にご飯を食べるときに注意しておきたいことと、効果的な方法について触れておきます。

 

①白米だけであれば食べ過ぎには注意

お米、特に白米を食べて太ってしまう原因というのは、やはり食べ過ぎです!

実は、お米を白米として一般的に食べられるようになったのは、明治以降で、それまでは玄米や雑穀を混ぜて食べられていました。

お米を精米すると、本来持つ栄養分が削られてしまい、どうしても糖質が多くなってしまいます。

なので、1食で食べる分量は茶碗一杯(約120g)に抑えましょう。

 

②雑穀等を混ぜて食べる

どうしてもお米が好きで、ついついたくさん食べてしまうという方も多いでしょう。

また、ダイエットや美容に良いとされる栄養分もしっかり取れるようにできれば、さらに良いですね。

そのためには、白米だけでなく、玄米や発芽米にする、雑穀類や豆類を混ぜて食べるというのもオススメです。

白米だけでは取れない、ビタミンやミネラルも摂れますので、健康のためにもオススメです。

最近はいわゆるレトルトタイプのものでも、下記のように雑穀類を含んだものも多く出ております。

 

雑穀類が入ったご飯は、どうしても美味しくない、まずいというイメージを持つ方も多いかもしれませんが、最近は品質改良もされており、美味しいものが増えております。

そして、何と言ってもレンジでチンするだけで簡単にできてしまいますから、手間もかからず良いですね。

(炊飯器などで炊いてしまうと、ついつい食べすぎてしまうこともあるので、それを防ぐにももってこいです)

 

糖質制限をしてしまい、どうしても敬遠しがちだったご飯(お米)ですが、食べ方を工夫すれば、むしろダイエットの味方になってくれるありがたい食材なのです!

 

medi8記事下

-食事, ダイエット