40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


食事 ダイエット

冷や飯ダイエットが注目されているが糖質とか大丈夫なの?

 

最近のダイエットでは、糖質の摂りすぎは太る原因になるというのは、今やダイエットにそれほど詳しくない方の間でも当たり前のように認識されつつあります。

当サイトでも「ロカボ(ローカーボ)」の項で糖質制限については触れております。

 

しかし、最近は、それを覆すようなダイエット法が新たに生まれております。

それは「冷や飯ダイエット」と言われているものです!

冷や飯とは、名前のごとく、炊いたご飯が冷えたものですね。

そしてご飯(お米)といえば、炭水化物で糖質を摂取するための代表的な食物です。

健康診断でメダボ診断を受けた際には、ご飯の食べ過ぎに注意するよう言われており、最近では、牛丼チェーン店でも糖質摂取を抑えるために、ご飯の代わりに湯豆腐などに置き換えたメニューが出ているぐらいです。

そんな状態で糖質の最もたるご飯をバクバク食べてダイエットなんて本当にできるのでしょうか?

今回はその謎を解き明かしていきたいと思います。

 

冷や飯ダイエットはハイレジダイエットを取り入れたもの

最初に結論を言ってしまうと、冷や飯ダイエットはハイレジダイエットを取り入れたものの1つなのです。

ハイレジについては当サイトでも何度か取り上げておりますが、最近注目されているダイエットの1つです。

 

ここで、ハイレジとは何かを、簡単に説明すると「豊富な(ハイ)、レジスタントスターチ(レジ)」の略、レジスタントスターチを多く含む食材になります。

ハイレジは、でんぷんが含まれるため糖質(炭水化物)の1つになりますが、実は食物繊維と同じような働きをすることで最近注目されており、腸内で善玉菌を増やし腸内環境を整える効果が期待されております。

ダイエットでは腸内環境の改善は重要でありますので、ハイレジはまさに腸を整えるのに適した食物と言えるのです。

 

そのハイレジと冷や飯とはどのような関係にあるのでしょうか?

実は白米はレジスタントスターチが含まれている食材の1つであります。

レジスタントスターチは加熱すると大幅に減り、冷めると再び増えるという特徴を持っており、未加熱の食材はでんぷんの分子が消化されにくい状態にあったり、一度加熱され、糊化したでんぷんが、冷めることで再結晶して消化されにくくなるのです。

米はまさにその条件に合致する食べ物であり、この仕組みを取り入れたダイエット方法ということになるのです。

 

冷や飯ダイエットのやり方

では、実際に冷や飯ダイエットはどのようにして行うのでしょうか。

普通に考えると、炊いたご飯を自然に冷やすか、冷蔵庫などで冷やして食べると想像しますね。

実際にその通りなのですが、実はお米にレジスタントスターチが一番多く含まれる温度というのが、概ね4〜5度と言われております。

本格的に取り組むのであれば、そこまで冷やして食べることが推奨されております。

 

なお、冷やしたご飯を電子レンジなどで温めなおすと、レジスタントスターチが再びでんぷん化するので効果がなくなりますので注意してください。

そのままの状態で食べるのが難しいのであれば、冷やしたご飯の上に温めたカレーなどをかけて食べても効果は変わらないそうです。

あとは、おにぎりにすれば食べやすくなりますね。

 

取り入れるか取り入れないかは趣好の問題

以上、冷や飯ダイエットについて説明しましたが、やはり冷やしたご飯は炊きたてのご飯に比べたら味が落ちますよね。

特に日本人であれば、やはり炊きたてのご飯に勝るものはないという方もいるでしょう。

 

冷や飯ダイエットは、レジスタントスターチを効率的に摂るということであれば、効果的ではありますが、当然のことながら、それ以外の栄養素はありません。

ダイエットにおいては、バランスの良い栄養を取るのは重要で、特に基礎代謝を上げるために必要な筋肉を作る「タンパク質」は欠かせません。

当然ながら冷や飯だけではタンパク質は取れませんから、冷や飯とともに、タンパク質や食物繊維が含まれているものを食べなければいけません。

つまり、冷や飯だけ食べていればいいというわけではありません!

なので、無理してハイレジ食品を取り入れようと考えるより、栄養バランスを優先してメニューづくりをする方が重要です。

 

冷や飯ダイエットは、効果はあるかもしれませんが、そればかり食べていると体を冷やしてしまうかもしれませんし、何よりも美味しく感じない食事を食べるのは楽しくないものです。

やはり、食事でダイエットすると言っても、美味しくなければ続きませんので、自分にあった食事メニューを選ぶのが大事ではないでしょうか。

 

medi8記事下

-食事, ダイエット