40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


食事 ダイエット

青汁は果たしてダイエットに効果がある飲み物なのか?

2017/08/04

 

女性を中心に、美容や健康、ダイエットに効果があるとして、数年ほど前からスムージーが飲まれるようになりました。

スムージーは色々と種類はありますが、簡単にいえば新鮮の野菜やフルーツをミキサーなどにかけてジュースにしたものですね。

よくよく考えれば、昔からこういう手のものはあるような気がするのですが、手を替え品を替え定期的にブームが来ているような気がします。

スムージーといえば「グリーンスムージー」が良いと、流行に敏感な方の間では早くから注目され、芸能人などもスムージーを飲んでダイエットしなきゃ!なんてSNSにつぶやいたりしていますね(笑)

グリーンスムージーなどと名前はついておりますが、元となっているのは「青汁」ですね。

それもわかっているので、ついには「青汁ダイエット」なる手法まであるぐらいです。

 

しかし「青汁」といえば、どちらかというと健康飲料という側面が強く、食が細くなった年配の方や、野菜が嫌いな方が野菜不足を補うために飲むものというイメージが強いですね。

でも、その「青汁」がダイエットのために効果があるものとして飲まれているのです。

果たして「青汁」にはダイエットに効果があるのでしょうか?

 

青汁が持つ本来の成分について

青汁は大麦若葉か明日葉が原料になっているものと、ケールが原料になっているものに大別されます。

一般的には前者のものは比較的飲みやすいとされております。

どちらも収穫したものを粉状にして、お湯か水に溶かして飲むのが一般的とされております。

 

これらの野菜が持つ大きな特徴として、他の野菜に比べ食物繊維が豊富なことが挙げられます。

個別に見ていくと、大麦若葉はビタミンB2やミネラル、鉄分、ケールはビタミン群やカルシウム、明日葉はビタミン群やミネラル、カルコンというポリフェノールといった栄養素を持っております。

粉状にしても栄養素がそれほど失われないため、古くから健康食品として用いられてきたのです。

 

 

青汁がダイエットに効果があると言われているのはなぜ?

青汁が豊富な栄養素を持つということはお分かりになったと思います。

では、実際に青汁を飲むことでどのような効果があるのでしょうか。

実際に言われているのは次のようなことです。

・食物繊維を摂取することによる便秘解消効果

・カリウムも豊富、利尿作用によるむくみ改善

・ビタミン類、カルシウム、食物繊維を摂ることで「肌の抗酸化作用」「代謝促進」「血行の促進」「肌の乾燥予防」などの美容効果

・ビタミンB群の効果による冷え性の改善

・青野菜に含まれるクロロフィルによる口臭・体臭の抑制

・カリウムの利尿作用、食物繊維やクロロフィルが腸内の老廃物を排出促進することによるデトックス効果

 

この中でダイエットに効果があるとすれば、便秘解消などの排出効果と冷え性解消により代謝を上げるということが言えます。

ここに着目して青汁はダイエットに良いと言われるようになったのですね。

 

青汁だけでダイエットはできない、しかし取り入れるのであれば・・・

さて、青汁を使ったダイエットの方法ですが、次の2つの方法で説明されていることが多いです。

①いつも通りの生活で、1日1〜2杯好きなタイミングで青汁を飲む
(食前が良いとされる)

②1食を青汁に置き換える

 

だいたい想像通りですが、これで痩せることができるかと言えば、はっきりいって難しいと言わざるを得ません!

 

青汁だけでダイエットできない理由

まず、ダイエットの前提として、体にある余分な脂肪をなくす(燃焼させる)ことが必須です。

この脂肪は運動をして燃焼させない限り取り除くことはできません。

いくら青汁を飲むことで余分なものを排出するといっても、すでについてしまった脂肪まで取り除くことはできません。

もし、一時的に痩せたとすれば、それは本来排出されるべき便などが出ただけです(便秘気味の方に多い)。

中には青汁を飲めば、いくら食べても大丈夫などと説明しているケースも見られますが、これは暴論と言わずにいられません。

良くても、その日に食べたものが体に吸収される分が少なくなるだけで、現状維持できればいいところです。

そして、青汁は確かにビタミンや食物繊維は豊富ですが、重要な栄養分の1つであるタンパク質を摂取することはできません。

もし1食を青汁にしてしまったら、タンパク質が不足することになりますから、筋肉や肌・髪の毛に行き渡るための栄養分が不足してしまいます。

筋肉が不足すると基礎代謝が下がってしまい、脂肪燃焼効率も悪くなってしまいます。

 

何れにしても、青汁だけ飲んで、他に何もしないのであれば、痩せるのは不可能に近いでしょう。

仮に痩せたとしても、筋肉が落ち、代謝も低く、肌のハリも無くなってしまっているかもしれません。

そして、元の生活に戻るとリバウンドしてしまいます。

 

もし青汁をダイエットに活かすとするならば

とは言え、青汁が持つ栄養素は豊富であるのは間違いありませんので、可能であれば、積極的に食品であることは間違いありません。

青汁を用いたダイエットを実施するのであれば、1日1回か2回、食前に飲むことをオススメします。

食前に飲めば、ある程度お腹が膨れますので、その後の食べ過ぎを防ぐことができます。

そして、毎食、栄養バランスの取れたメニューを食べ、適度に運動を取り入れ脂肪を燃焼させるようにましょう。

そうすることで、青汁の持つ効果がより発揮され、痩せやすくなりますよ!

 

結論としては、あくまでも適切な食事コントロールと運動を行うことが原則で、青汁はそれをサポートするものという位置付けで考えるのが正解です!

 

野菜や穀物など厳選30品目を配合【飲みごたえ野菜青汁】

 

medi8記事下

-食事, ダイエット