40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


食事 ダイエット

こんにゃくのダイエット効果は本物なのか?

2017/08/04

 

ダイエット時の食事で取り入れる食材は「低カロリー」「低糖質」というのが今や当たり前になっております。

(これに高タンパクが加われば、なお完璧です)

低カロリーで低糖質の食材として昔から知られているのは「こんにゃく」で、昔からダイエットの時に積極的に食べられております。

今でもこんにゃくを使ったダイエットレシピというのは多く出回っており、単独ではなかなか味がないこんにゃくをどうにか美味しく飽きないように食べようと日々努力されている方も多いことでしょう。

実際に効果も実証されており、積極的に取り入れたい食材であるこんにゃく。

今回は改めてこんにゃくが持つ効果を知り、ダイエット時に注意しておきたいことを整理しておこうと思います。

 

知られざるこんにゃくの効能

こんにゃくはコンニャクイモと言われるサトイモ科の植物で、その球茎に含まれるコンニャクマンナンという多糖を糊化し、凝固させたものが食品としてよく知られるこんにゃくになります。

低カロリーでかつ腹持ちがよいこと、そしてエネルギー源となる成分やビタミン、ミネラルなどが含まれていないということはご存知の方は多いことでしょう。

また、こんにゃくには主成分であるグルコマンナンに豊富な食物繊維とカルシウムが含まれているのです。

こんにゃくを食べることにより、次のような効果があると言われております。

 

①生活習慣病予防

グルコマンナンは、コレステロール値を下げたり、有害物質を排出させる働きがあり、動脈硬化や脂質異常症への予防、糖分を体内に吸収させるのを遅くし、糖尿病の予防にもなります。

また、不必要なナトリウムを排出させる作用があり、高血圧の方へもオススメです。

 

②便秘改善

水溶性食物繊維であるグルコマンナンは、腸内細菌によって分解されると腸内環境を整えるオリゴ糖へと変化します。

また、腸の動きを活発にし、便通を促し、体内の有害物質を排出させるため、便秘改善や体内をキレイにする効果もあります。

 

③骨粗しょう症予防

こんにゃくに含まれるカルシウムはアルカリ性で、酸に溶けやすく体内に吸収されやすい性質をもっているため、骨粗しょう症を予防する働きがあります。

 

こんにゃくがダイエットに効果的な理由

こんにゃくの効能を見ていくと、栄養補給よりもデトックス効果が高いことが伺えます。

 

ダイエットは体内に溜まった余計な脂肪分等を排出させるものですから、まさにうってつけの食材ということになりますね。

また、主成分であるグルコマンナンは、水分を吸収し膨れる性質がありますので、少量の摂取でも胃の中で膨張し満腹感を得ることができ、食べ過ぎを防ぐことができます。

かつては日本をはじめ、中国などアジアの地域で食べられてきましたが、こんにゃくの効能が知られることで、現在では欧米各国でも低カロリーの健康食品として普及しつつあります。

 

こんにゃくダイエットを取り入れる時の注意

以上のような効果を知ると、こんにゃくを毎日の料理に取り入れたくなりますよね。

ダイエットを始め、健康効果もありますから、積極的に食べてもらいたい食品です。

しかし、取り入れるにあたっては、以下の点について注意も必要です。

 

①こんにゃくだけの単品ダイエットは厳禁!

別にこんにゃくに限ったことではありませんが、単品ダイエットは、栄養バランスが崩れるため、お勧めできるものではありません。

ましてやコンニャクはカルシウム以外の栄養は皆無と言っても過言ではありません。

これでは筋肉を作るタンパク質などが不足し、代謝も下がってしまうため、痩せることは逆に難しくなるでしょう。

 

食事の際は、バランスよく栄養をとり、こんにゃくを一品加えるというのが理想です。

 

②こんにゃくの食べ過ぎは腸閉塞の危険性あり

こんにゃくに体内を綺麗にする効果があるからたくさん食べようと考えている方もいるかもしれませんが、やはりものには限度というものがあります。

あまりにも大量に(1日1kg以上と言われております)食べると腸閉塞を引き起こすことがあります。

(特にメッケル憩室保有者や胃切除を行った人は腸閉塞を起こしやすいとされます)

基本的には量を少なめにしてよく噛んで食べ、水分をしっかりとれば十分に効果がありますので、適度な量に留めておきましょう。

 

まとめ

昔は味もなく栄養素もないため、カスを食べているようだとも言われたこんにゃく。

しかし昔から体内をキレイにする効果は知られており、今や世界中で健康食品として普及しております。

自然素材で作られておりますから、食べ過ぎさえ注意すれば副作用等の心配もありませんし、日本人には馴染みもありますので、食べるのに抵抗がある方も少ないでしょう。

これを機に、デトックス効果を期待してこんにゃくを毎日の料理に取り入れていきたいものです。

 

美味しくこんにゃくを食べたい方へ



 

 

medi8記事下

-食事, ダイエット