40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


食事 ダイエット

コンビニでダイエットに効く食事を購入する際の4つのポイント

2017/08/04

 

最近はダイエットを意識してか、ビジネスパーソンのお昼ご飯にも変化が現れてきました。

お腹を空かせた方の味方でもある牛丼チェーン店、丼に盛られたご飯をかきこむのが、なんとも美味しいのですよね。

しかし、それだと炭水化物(糖質)の取りすぎということで、メタボ腹になる原因の象徴とも見られてしまうことがあります。

(実際は、メニューが偏っているのが原因、野菜不足が大きいですよね)

 

健康診断でメダボ診断を受け、お昼ご飯も見直さないといけなくなり、自然と炭水化物を取らなくなっていくのです。

そこだと、丼物がメインの牛丼チェーン店は困ってしまうわけで、そこで考え出したのが、ご飯の代わりに湯豆腐や低カロリーの麺を用意して、糖質制限ができるメニューです。

これが大当たりで、お腹周りが気になる方を中心に選択する方が増えているようです。

 

そして、それ以前から糖質を気にする方向けの商品を用意し始めたのが、コンビニ各社です。

やはり世の中の動向をいち早く察知して、それをいち早く商品化して店頭に並べるということでは、コンビニは先行しておりますね。

実際に、糖質を抑えたパンやスイーツが人気商品になっておりますね。

また、コンビニに揃っているメニューを見渡すと、実は工夫をすればダイエットにも効果的な商品が揃っており、それに狙いをつけて、コンビニで買えるダイエット食などという特集がメディア(テレビ・雑誌など)で取り上げられることも多くなりました。

そこで、今回は、ダイエットを意識している方が、コンビニでお昼ご飯などを選ぶときに、どのような点に注意して選べば良いか、まとめてみました。

 

①タンパク質が取れる商品を1つ選ぶ

当サイトでも、食事の際にはタンパク質を摂取の重要性については何度も触れており、コンビニでご飯を選ぶ際にも外せない栄養素です。

おすすめはやはり高タンパク・低カロリーの商品になります。

代表的なものは鶏の胸肉を使用した「サラダチキン」ですね。

これは、今ではどのコンビニでも置いてあるぐらいの人気商品で、味もしっかりしており、美味しく食べることができます。

胸肉が丸々入っておりますが、周りの目をそれほど気にしなければ、そのままかぶりつくこともできるので、おにぎりの感覚で手軽に食べることができます。

そのほかには「ゆで卵」「砂肝の黒胡椒焼き」「焼きいか」などオススメです。

(ただし、焼きイカなどについているマヨネーズはできるだけつけない方が良いです)

お店によっては「豆腐」「豆類」が置いてあるところもありますので、これもいいですね。

 

 

②炭水化物はなるだけ少なめに、オススメはおにぎりかレタスサンド

次に主食となる食材、つまりおにぎりやパン、サンドイッチです。

厳しめに糖質制限をする方は、一切食べないという方もいるようですが、トータルバランスを考えれば、少しは口にした方が良いでしょう。

ただし、量的にはおにぎり1個ぐらいで十分です。

(おにぎりは握るので、けっこうご飯が詰まっている)

 

 

オススメの食材はやはりおにぎりですね。

糖質を気にする方もいるかもしれませんが、最近はハイレジダイエットで冷えたお米が効果があると言われておりますので、糖質を恐れることなく積極的にたべるのが良いでしょう。

具材はできれば、マヨネーズを使ったツナ、揚げ物の肉類は避けた方が良いかもしれません。

 

パン類は小麦粉でできているため、できれば避けたいとことですが、どうしても食べたい場合は、レタスサンドが良いでしょう。

見た目よりもカロリーが低めで、レタスの食物繊維をたっぷり取れます。

 

③お弁当はできるだけ避ける

今では、コンビニでもお弁当の種類がたくさんあり、どれも美味しそうですね。

特にお昼時になると、たくさん並んでいるのをよく見かけますね。

選ぶのが面倒な時などは、ついつい1つ手にとってそのままレジへという方も多いでしょう。

しかし、ダイエットを考えるのであれば、お弁当は避けた方が賢明です。

実際に食べたことがある方も多いでしょうが、中身を見れば、なんとなく想像がつくかと思います。

お弁当はボリュームを多く見せるせいか、ご飯と肉・魚類が多く、野菜類は申し訳程度にしか入っていません。

どう考えてもバランスが良くありませんね。

こういう高カロリーで食物繊維が不足するものばかり食べていれば、太るのは必然です。

 

また、似たような理由で、パスタや焼きそば等の麺類、丼物も炭水化物の量が多く、他の栄養素が不足しておりますので、選ばないようにしたいものです。

(カップラーメンも同様です)

 

④サラダやスープ類で食物繊維を補う

最後に、食物繊維を取るのも忘れないようにしましょう。

ダイエットを成功させるには腸内環境を良くすることがポイント、そのためには食物繊維が欠かせません。

最近のコンビニではサラダのラインナップも豊富で、ドレッシング類もカロリーを抑えたものも増えておりますので、その点に注意してお好みのものを選ぶと良いでしょう。

生野菜以外であれば、ワカメやもずくのスープ類もオススメです。

(なお、ポタージュ類や春雨、ワンタンスープ類はカロリーや糖質が高いものがあるので、避けるようにしましょう)

 

また、器などがあれば、ひじきの煮物や切り干し大根などを選んでも良いでしょう。

 

まとめ

以上のように、ポイントを抑えれば、コンビニで買える商品でも、十分ダイエットに効果的なメニューを揃えることが可能です。

整理すると、このようになります。

・商品は「おにぎり」「低タンパク質の商品」「サラダorスープ」の3点の組み合わせで!

・弁当、麺類、丼物は避ける!

 

これだけ抑えておけば、選択枠は結構ありますので、毎日の食事も飽きずに食べることができると思います!

もちろん、毎回毎回これだとストレスが溜まることがあるでしょうから、たまにはお店で好きなものをたっぷり食べても良いですよ。

 

 

 

medi8記事下

-食事, ダイエット