40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


食事 ダイエット

「飲む点滴」甘酒、美容・健康以外にダイエットにも効果がある秘密とは?

2017/08/04

 

ここ数年、甘酒の美容・健康効果が注目されています。

若い女性を中心に、愛飲している方も多いのだとか。

含まれる栄養の豊富さやブドウ糖が多く含まれており、点滴の成分に似ていることから「飲む点滴」とも言われているぐらいです。

甘酒がどれだか体に良いのかというのを的確に言い表していますね!

甘酒というと、個人的には寒い日に体を温める飲み物なので、年始に初詣に行った時にふるまわれるモノというイメージが強いです。

昔は甘ったるい感じがして正直好きではなかったのですが、数年前に北海道の酒蔵でサービスされた甘酒を飲んだ時、その奥深い味としつこくない、すっきりとした甘さに衝撃を受けました。

ちゃんとした原料を使ったものだと、甘酒がこんなに美味しくなるのだと感動しました。

 

ただ、実際に甘酒を作るときは酒粕を溶いて作る手間が面倒ですね。

でも、甘酒の缶飲料なども出ているので、今では手軽に飲めるものになっているようですね。

手間がかからなくなったことから、常飲する女性も増えているのですね。

ちょっと話が脱線してしまいましたが、主に美容に良いと言われることが多いですが、最近はダイエットにも効果があるそうで「甘酒ダイエット」なる言葉まで生まれております。

そこで今回は、ダイエット効果も含め、甘酒が持つ効果・効能について掘り下げていきたいと思います。

 

甘酒の原料、成分など

まず、ご存知の方も多いとは思いますが、一応、甘酒とはどういうものかを説明しておきます。

甘酒は、主に酒粕、あるいは米こうじが原料になっております。

酒粕はご存知の通り、日本酒を作る際にあまった粕です。

日本酒はお米が原料になっており、蒸したお米を発酵させ、搾り取ったものがお酒になります。

つまり酒粕は、お米が原料ということです。

 

 

次に、甘酒にはどのような成分が含まれているのでしょうか?

甘酒には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれています。

なお、酒粕にはアルコール分がわずかに含まれております。

一般的にはソフトドリンクという位置付けになっておりますが、お酒に弱い人が飲むと酔うことがあります。

(甘酒の栄養効果から、赤ちゃんの離乳食にという考えもあるようですが、アルコールの問題もあるので、避けた方が賢明です)

 

甘酒がダイエットに効く理由

さて、甘酒が栄養豊富なことはわかりましたが、実際にどのような働きでダイエットに良いとされるのでしょうか?

甘酒の栄養素から次のような効果が期待されております。

・食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌も含まれていることから、腸内環境を良くし、お通じがよくなる

・ビタミンB群が多いことから、脂肪の燃焼が促進され、肝臓に余分な脂肪が蓄積しないよう抑制する。

・アミノ酸が内臓の働きを活発にし、新陳代謝や血液の循環を高める

・比較的低カロリーの飲み物なので、カロリーを抑制できる。

 

腸内環境を良くするのは、ダイエットにとっては重要なことですから、発酵食品でもある甘酒はとても効果的です。

そして、それ以外の栄養素が代謝を良くして、脂肪の燃焼効率をあげる、血液やリンパの流れを活発にしてデトックス効果も期待できるということですね。

 

 

甘酒ダイエットの方法は1食置き換えダイエットだが・・・

では甘酒を使ってどうダイエットをするのかということですが、提唱されるのが多いのが1食(できれば朝食)を甘酒に置き換えるのです。

さらに、飲む甘酒は砂糖が含まれていないもの、そして酒粕ではなく米麹で作られたものが良いです。

(酒粕の甘酒じゃない方がいいというのは、アルコールが含まれていること、砂糖が入っている可能性があることらしいです)

 

しかしながら、ビタミン類、アミノ酸、食物繊維はしっかりと含まれているのですが、重要な栄養素の1つであるタンパク質は入っておりません

どうしてもダイエットとなると、カロリーをカットする傾向にあるのですが、ダイエットで脂肪を燃焼させるには筋肉を増やす、あるいは維持することが必要です。

この方法だと、どうしてもタンパク質が不足してしまい、バランスが偏ってしまいます。

 

なので、実際に取り入れるのであれば、1日3食しっかりとることを基本に、1日一回、朝昼晩いずれかの食前に甘酒を飲み、タンパク質が豊富な食べ物をメインに、量を抑え気味にするのが良いのではないかと思います。

わかってはいるけど、それでも置き換えダイエットにチャレンジしたい、あるいは朝の忙しい時間に食事が取れない場合には、朝食として甘酒を飲むようにしても良いでしょう。

そして、昼か夕食でタンパク質をしっかりとるようにしましょう。

言うまでもありませんが、甘酒を飲んだだけで痩せると言うことはありませんので、脂肪の燃焼を促進するために体を動かすことも忘れないでください!

 

まとめ

甘酒は置き換えダイエットにならないようなことを書くと、甘酒で飲んでもダイエットは効果がないのではと思われてしまいますが、むしろ逆で、1日1杯飲むだけでも効果は期待できるでしょう。

個人的には甘酒は自然素材でできた、体に優しいエナジードリンクというイメージです。

つまり、3食の食事だけでは賄えない栄養素を補完するには最適と言えるでしょう。

普段の食事だけでは不足する栄養素をたくさん持っておりますので、食前に1杯飲んだり、おやつとして飲むというのもありです。

 

美容と健康、そしてダイエットのための栄養を取り入れてみるのに、甘酒をうまく摂り入れて、元気でスッキリした体を目指すのもいいですね。

ちなみに、甘酒の口当たりや甘みがどうしても苦手だという方、作ったりするのが手間という方は、成分を凝縮させたサプリもあるので、こちらを利用するという方法もありですよ。

 

便痛快!プログラム「酒粕」成分レジスタントプロテイン配合の「和の酒粕」 愛媛の酒蔵からお届け

 

 

medi8記事下

-食事, ダイエット