40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


食事 ダイエット

どうしてもお菓子やスイーツを我慢できない方のために

2017/08/04

 

ダイエットをしている方にとって、スイーツなどのお菓子類(特に砂糖をたっぷり使ったもの)を口にするのはタブーであるというのは常識中の常識として、頭ではよ〜くわかっていることでしょう。

しかし、わかちゃいるけどやめられないというのも、また怖いところでもあります。

一度、スイーツの美味しさを覚えてしまうと、中毒のように食べたくなり、禁断症状を起こしてしまうなんてこともあります。

それに、疲れが溜まっていると無意識に甘いものを求めてしまうせいもあり、本来ならば、食事などでしっかり栄養を摂れれば良いのに、ついつい手を出してしまうんですよね。

でも、ちょっとだけなら大丈夫と思って口にしてしまうと、それが積もり積もって、いつのまにか太ってしまう結果になります。

 

とはいえ、ずーっと禁欲的な生活をしていると、精神的によろしくないのも事実です。

特に集中的にダイエットに取り組んでいるときに、どのようにモチベーションを保てば良いのでしょうか?

それについて、面白いコラムを見つけましたので、この場を借りて紹介したいと思います。

 

マッチョ社長が語る「スイーツとダイエットの関係」

取り上げるコラムを書いたのは、マッチョ社長の筋トレシリーズで有名なTestosteroneさんです。

昨年(2016年)にこの本が出版されて、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もともと、twitterで筋トレに関するツイートが人気を呼び、今では各所で色々な活躍もされており、今年に入ってからブログも開設されております。

この方の専門は筋トレなのだから、ダイエットには関係ないのではと思ったら大間違いです。

実は体づくりの目標は異なるものの、筋トレでマッチョになることと、スリムな体になるのは密接な関係があるのです。

どちらも運動と食事にに注意をしなければならず、特にボディービルダーのような体を作るのは、痩せるよりも難しく、相当ストイックな食生活と超ハードなトレーニングをしなければなりません。

そのようなことから、ボディビルダーや筋トレで鍛えている方は、食事面の知識も相当あるのです

(というのも、ボディービルの場合は極限まで脂肪を落としますから、どのようなメニューが脂肪がつきにくいのかなど、よくわかっているのです。)

Testosterone氏も例に漏れず、食事面のことをはじめ、ダイエットについての知識も豊富で、ブログやツイッターなどで的を得たアドバイスをされております。

 

基本は口にしない、でも我慢できないときは食べても良い

実際にブログの記事の中でスイーツに関して触れているものがあり、どんな風に述べているのかが気になりました。

詳しくは直接読んでいただくのが良いのでしょうが、ここではポイントを要約させていただきます。

・基本、スイーツはダイエットの敵である

・スイーツは高GI炭水化物、かつバターや生クリームの脂質でできている

・つまり、糖分と脂質が含まれた最悪の組み合わせである

・糖分摂取で大量に分泌されたインスリンが、さらに脂質を取り込み体脂肪になる。

・さらに、ビタミンやミネラルなど有益な栄養度がほとんど含まれていないため、栄養価が低い

 

これを見ただけでも、いかにスイーツ類が太りやすいかがお分かりかと思います。

特に油で揚げて砂糖をたっぷりのドーナツを頻繁に食べるのは、デブになりますと言っているものです。

 

 

しかし、ずーっと我慢しているとストレスを溜め込んで体に悪いので、ときには口にして心を満たしてあげることも大切と語っております。

ただし、その場合は節度を持って(つまり、たまに食べるぐらい)食べるのは、いうまでもありません。

 

置き換えダイエットについても一言あり

また、Testosterone氏は置き換えダイエットについての持論も展開されておりました。

同様に要約すると次の通りになります。

・高カロリーなものを低カロリーなものに置き換えるというのは理にかなっているようで、実は栄養価を無視している、

・最初のうちは痩せることができるが、途中で止まる。

・大抵の場合、タンパク質不足になり、筋肉の分解され減っていき、代謝も落ちる。

・代謝が落ちると消費カロリーが落ち、ダイエット前と同じ障子をすると以前より太る

・最終的には「太りやすく、痩せにくい身体」になってしまう

 

特に食事制限だけでダイエットをしていると、痩せて太っての繰り返しになり、その度にダイエットに取り組むという悪循環に陥るわけですね。

さらに、タンパク質不足ということは、髪の毛や爪、皮膚などの調子も悪くなるので、不健康であることは明白です。

最近は、このことに気づいて、食生活でもしっかりタンパク質を摂り、トレーニングに取り組んでいる方も増えているようです。

有名人も、最近では積極的にジムなどでトレーニングに取り組み、その成果などインスタ(instagram)などにアップされている方もいます。

(まあ、自己満足なのでしょうが、世間的にこういう傾向になるのなら良いことだと思います)

 

例えば、こんな感じ

(中村アンさんですね)

Reebok 新作🚀 @reebokjp 今季のブラトップは種類が豊富‼︎ #BeMoreHuman

中村 アンさん(@cocoannne)がシェアした投稿 -


筋トレはちょっとと思われる方も、Testosterone氏のツイートやブログを見ると、色々な発見があると思います。

筋トレを強調しすぎて、ついていけない部分もあるかもしれませんが、ダイエットに取り組んでいる方は是非ともチェックやフォローをしてみると良いかなと思います。

 

 

medi8記事下

-食事, ダイエット