40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


食事 ダイエット

最近よく聞く「寝かせ玄米(酵素玄米)」はダイエットに効果があるのか

2017/07/27

 

最近、アイドルが出ているテレビ番組をたまたま見ていたら、今一番欲しいものは何という質問に「寝かせ玄米」という回答をしていた子がいました。

 

「寝かせ玄米?」

 

おそらく、ダイエット情報に敏感な方であれば、すでにご存知だとは思うのですが、実はこの時初めて寝かせ玄米という言葉を聞きました、

玄米を何かしら加工したものか、水か何かにつけ置きして熟成をさせたものだろうということは、何となく想像がつきます。

また、玄米を使っているということですので、健康食であるということもわかります。

そして、何よりも女性が健康的な食べ物に興味があるということは、「美容」と「ダイエット」に効果があるからに他なりません!

 

となれば、俄然興味が湧いてくるというものです。

一般的な玄米は、白米に比べビタミン(特にビタミンB1)・ミネラル・食物繊維などを豊富に含んでおります。

そしてGI値(血糖上昇率)が低いため、糖質制限ダイエットなどをはじめ、ダイエット時の食べるのに適した食材と言えます。

 

しかし、昔ほどでなくなったにしても、やはり白米に比べると、パサパサした食感で味もそれほどでもないため、好んで食べられるようなものではありません。

実は、そのデメリットを解消し、さらに栄養価などをアップさせたものが「寝かせ玄米」と言われております。

そこで、今回は「寝かせ玄米」とはどのようなものなのか、そしてダイエット効果はどうなのか調べてみました。

 

そもそも「寝かせ玄米」は玄米とどう違うのか?

まずは「寝かせ玄米」とはどういうものなのでしょうか?

寝かせ玄米とは、玄米に小豆と塩を入れて炊き、さらに炊き上がった玄米を、およそ3日間保温し続けた玄米のことを言います。

寝させている時に、玄米のヌカの部分に多く含まれる酵素を活性化させるので「酵素玄米」とも呼ばれております。

(ここでいう酵素は主にアミノ酸の1つ、GABAのことを指し、GABAが増える事で、主に美容効果、健康効果が上がると言われております。)

寝かせることで、玄米に含まれるミネラルやビタミン類も酵素の働きにより消化吸収が良くなり、さらに食感もモチモチとし、通常の玄米よりも美味しさ、旨味も増すのです。

 

寝かせ玄米によるダイエット効果

次に、寝かせ玄米(酵素玄米)がどのような効果があるのでしょうか?

特徴の1つとして、先ほど出てきたGABA(ギャバ)が以下のように働いているのです!

 

・中性脂肪を分解する効果

摂取することで、中性脂肪を分解し、代謝を高めます。

・睡眠を高める効果

夜グッスリ眠れないという場合にも効果があります。

しっかりとした睡眠をとることは、ダイエットでは重要です。

詳しくは【ルール5】を参照してください。

 

 

次に、玄米そのものが持つ栄養分による作用はこのようなものがあります。

 

・便秘解消作効果

玄米は豊富な食物繊維を持ち、しかも水溶性食物繊維と不溶性食物繊維どちらも含まれております。と呼ばれる2種類のものがあります。

さらに寝かせ玄米にすることで食物繊維の量が増えますので、便秘に悩んでいる方はもちろん、そうでない方も便通がさらに快適になります。

これにより、腸に溜まっていた便がスムーズに排泄され、ポッコリお腹が解消できる効果が期待できます。

 

・その他のダイエット効果

寝かせ玄米は、もちもちになりますが、白米よりも噛み応えがあるため、いつも以上に自然と咀嚼回数が増えます。

それにより、自然と少ない量でも満腹感を得られ、食べ過ぎを防止してくれます。

また、腹持ちもよくなるため間食をすることがなくなりますので、余計なカロリーをとることもなくなります。

さらに白米と比べ玄米はカロリーが低いので、カロリーコントロールもしやすくというメリットもあります!

 

 

普通の玄米に比べ、美味しく食べることができ、これだけのダイエット効果が期待できれば、食事の見直しの1つとして取り入れるのもありですね!

 

なお、ダイエット以外にも

・血圧を下げる効果
・ストレス緩和
・アンチエイジング
・アトピーや花粉症等のアレルギー改善作用
・虚弱体質改善
・免疫力向上
・身体の冷え改善

の健康、美容効果があると言われており、特に女性にとっては嬉しい効果がたくさんあり、若々しい体を保つのにもうってつけの食材と言えますね!

 

効果的な寝かせ玄米の食べ方

ダイエットを始め、美容と健康にもこれだけ効果がある寝かせ玄米(酵素玄米)ならば、毎日でも食べたくなりますよね!

基本的にはサプリなどと違い、普通の食材ですので、毎食食べても全然問題ありません

実際に取り組まれている方は、白米を寝かせ玄米に置き換えて食べている方がほとんどです。

 

そして、おかずは何を食べても良いですし、お酒を飲んでも大丈夫です(もちろん食べ過ぎ、飲み過ぎには注意!)

もう少しバランスよくしたいというのであれば「寝かせ玄米6:野菜3:肉魚:1」が理想的と言われております。

 

ただし、次の点には注意してください。

 

・下痢になることがある

食物繊維が豊富に含まれている為、人によってはお腹を下してしまう場合もあります。

なるべくよく噛んで消化をよくすることと、おかしいと思ったら食べるのを控えるようにしましょう。

 

・できるだけ野菜や海藻なども一緒に食べる

玄米にはフィチン酸という成分が含まれており、これにはデトックス作用がありガン予防に良いとされているのですが、一方でカルシウム・リンなどのミネラルの吸収を阻害してしまいます。

それを補うため、野菜や海藻などのおかずを一緒に摂って栄養素を補うようにしましょう。

 

・寝かせ玄米の置き過ぎに注意

置く目安としては2~3日が丁度いい食べ頃になりますが、それ以上になると必要以上の菌が発生してしまい、お腹を痛めてしまう原因になることがあります。

また、季節や保存方法によって左右される場合があり、特に夏場は傷んだりする可能性があるので注意が必要です。

 

寝かせ玄米の作り方

さて、寝かせ玄米ですが、実際に食べる際には、どのように作れば(炊けば)良いのでしょうか。

 

基本的には、普通の炊飯器で簡単に作ることが可能です!

手順は次の通りです。

 

【材料(3合の場合)】

玄米:3合

小豆:30g

塩:小さじ1(できれば天然塩が良い)

水:650cc

 

【炊き方】

1.玄米と小豆を水で洗う

2.洗った玄米と小豆に指定の水1/6と塩を入れて泡だて器で8分かき回す
(かき混ぜることで、玄米の表面に細かな傷ができ、柔らかくて美味しいごはんになります)

3.水は捨てず、そのまま炊飯器に入れ、残りの水も加えたら、6時間以上水に浸す

4.玄米炊飯コースで炊く
(ない場合は水を多めにして炊く)

5.炊き上がったら15分ほど蒸らし、しゃもじで上下を返すようにかき混ぜる
(この時、ジャーは必ず保温モードに、圧力鍋などをご利用の方は、ここで保温ジャーに移します。)

6.保温モードのまま、必ず1日1回かき混ぜる。

 

炊飯ジャーに保温しておくと、日に日に発酵が進み、玄米の色が変わります。

1日目はお赤飯のような薄いピンク色で、まだパサパサ感が残っておりますが、3日目にはだいぶ濃い色に変化し、もちもち感がアップし、もち米のような感じになります。

3日後から食べ始めることができますので、あとは10日ほどで食べき切るようにしましょう。

 

このように、玄米と小豆さえ用意すれば、簡単に作ることができますので、手軽に始められますね。

しかし、食べきるまでの間は、常に保温モードにしておかなければならず、その間、炊飯ジャーが使えないため不便さを感じるかもしれません。

また、炊いてから3日寝かせるまで待つというのも、忙しい方には大変かもしれません。

そういう方向けには、レトルトパックのタイプもあるので、まずはこれで試してみるというのもありですね。



 

ふとしたきっかけで、寝かせ玄米(酵素玄米)に興味をもち、調べてみましたが、寝かせておくという時間はあるものの、普通の白米と同じような食感で、極端な食事制限も必要なさそうというメリットは大きいですね。

もし、ダイエットに取り組んでおり、食事面で苦労しているのであれば、寝かせ玄米は、あなたを救ってくれる食材になる可能性があります。

特に若い世代からの女性からも注目されておりますので、今後ますます注目されるかもしれませんね。

 

medi8記事下

-食事, ダイエット