40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


【ルール15】原則は1日3食、そして食べ過ぎないこと

 

さて、ここからは食事面について注意することについて触れていきます。

 

最初に、食事というのは人間の三大欲求「食欲・性欲・物欲(金銭欲)」の1つでもあり、生きている中での楽しみの1つであります。

個人的には食事は人生の楽しみでもありますので、なるべく制限をせずにダイエットに臨みたいと考えております。

 

基本的には、適度に運動を行い、適度に食事し、「消費カロリー>摂取カロリー」の状態ができれば、自然と痩せていきます。

なので、なるべく運動を多く(活動量を増やす)消費カロリーを増やして、食事面でなるべく制限をしないような痩せ方が理想です。

 

しかし、そこからもう1段階体重を落とし、そしてリバウンドしないようにするには、どうしても食事面にも注意しなければならないのです。

 

まずは、食べること全体に目を向けて考えていきます。

 

食事は欲求との攻防!

まず、食べるこというのは、生きていくのに必要なエネルギーなどを摂取するために、絶対に避けることができません。

お腹が空くというのは、体内のエネルギーが足りないと信号を送っていることなので、その欲求を満たすために食べるのです。

 

 

これが、単純に食べる(美味しくも不味くもなく普通)だけであれば、そこでお腹が満たされ、必要なエネルギー分だけを取ることができるのですが、人というのはそう単純ではありません。

食に対する欲求は、ただ食べるだけでなく、味覚、つまり美味しさも求めてしまいます。

そして、それが自分の好みのものだと、もっと食べたいという欲にかられ、必要以上に食べてしまうのです。

 

その結果、余計なエネルギー分が脂肪となり蓄積され、太ってしまうのです。

 

基本は食べ過ぎないこと!

食事についてのダイエットは、これはカロリーが多いから食べられない、これは糖質がたくさんあるから・・・、なとど細かい栄養素などのことになり複雑化していると感じます。

しかし、単純に考えれば、太っているというのは必要以上に食べ過ぎているからなのです!

食事のダイエットで細かいカロリー計算などをしているのも、できるだけたくさん食べられるようにするには、どうすれはいいのかを考えているのと同じです。

 

つまり、単純にダイエットしたいのであれば、食べ過ぎなければいいのですが、今までの食生活を変えるというのは、想像以上に難しいのです。

 

とはいえ、食生活に手をつけないと痩せられないのも事実ではあります。

 

食事のダイエット方法としては、大きく分けて「食べるものを選ぶ(変える)」ことと「食べる量を調整する(減らすなど)」になります。

一番手をつけやすいのが「食べる量を減らす」ことになりますので、まずはここから着手するのが良いでしょう。

 

1日3食は食べ過ぎないため

食べる量を減らす方法として、一番有効な方法は「1日3食」食べることです。

 

ダイエットの方法として、ファスティング(断食)や一日1食などという方法もありますが、基本的には普通に1日3度食べることをお勧めします。

(無理な断食や食事量を減らす行為は、解禁された時の反動が大きくなる可能性が高いです)

 

最近は、朝忙しく時間も取れず、なかなか朝食を摂らない方もいるかと思いますが、空腹のまま昼まで過ごすと、当然エネルギーが足りなくなります。

その結果、昼食を食べ過ぎてしまうのです(いわゆるドカ食い)。

1回の食事で摂取し、体内で消費できるエネルギーは限度がありますので、食べ過ぎた分は脂肪となり蓄積されることになります。

 

夕食も同様です。

よく言われる、遅すぎる時間に夕食を食べないようにしよう(概ね午後9時前まで)というのは、睡眠時までに消化できず脂肪になってしまうという理由もありますが、昼食を食べてから時間が空いてしまうことで、空腹感が強くなり、食べ過ぎてしまうからです。

 

ちなみに一日3食になったのは昔の話で、1日2食でも良いのではという意見もあります。

1回の食事量を適度に抑えらえるのであれば、2食で良いのですが、食べ物が豊富にあり、栄養分が高く、しかも味が良くなった現代社会、1日2食だと、どうしても食べ過ぎてしまう可能性が高いです。

 

 

そのため、栄養補給を分散化させ、1回の食事量を調整するためにも、できるだけ1日3食の食生活が良いのです。

もし、それでは足りないという方は、4食5食にするなどして小分けにして、その分1回の食事量を減らすようにしてみてください。

 

最初のうちは、1回の食事量をそれほど制限せず、とにかく3食摂る習慣を身につけましょう。

そうすれば、自ずと量も減っていきます。

慣れてきたら自らの意思で、少しづつ減らしていけば良いでしょう。

 

 

まずは1日3食を目標にし、その次に食べる量を1口2口と減らしていくよう調整してみてください。

特に朝食は、ゆで卵1個でも食べるようしてみてください。

(おやつも食べていいですが、やはり1回の量を減らすようチャレンジしてみてください)

 

 

次は → 【ルール16】カロリー計算に神経質になる必要はない

 

 

medi8記事下

2017/08/04


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です