40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


【ルール7】運動は習慣づけができるかが勝負である

 

ここからは、いよいよ運動・トレーニング方法について触れていきたいと思いますが、まずは、運動するにあたっての心構えについて、触れておきます。

といっても、全然難しくはありません。

 

運動神経は一切問いません

運動と聞くと、今までどのように過ごしてきたかによって、考え方は異なってくると思われます。

 

学生時代、ずっと運動部(体育会系)に所属していた方は、スポーツが得意な方が多く抵抗はないと思うのですが、長年運動から離れていると、再び運動を始めるのが億劫になっているかもしれません。

一方、昔から運動が苦手(運動神経に自信がない)で、体育の授業・運動会は嫌い、クラブ活動もずっと文化系(あるいは帰宅部)だった方は、運動すること自体が嫌いで、長らく避けてきた方が多いでしょう。

 

しかし、ダイエットするための運動は、運動神経は一切必要ありません!

走るのだって遅くてもよく、力(筋力)がなくても全然問題ありません。

 

目的はあくまでダイエットです。

とにかく、動いて痩せることができればいいわけなのでから。

 

激しいトレーニングも必要ありません

そして、次の難関が「運動=疲れる」というイメージですね。

特にダイエットとなると、激しいトレーニングで体を燃やして汗を掻かないといけないと思われがちです。

ルール6】で説明したように、脂肪を減らすためには長い距離を走らないといけないのですが、それを考えるだけでも嫌になりますね。

 

しかし、ダイエットするのに激しい運動は一切ありません!

 

最近では研究が進み、適度な強度でも脂肪の燃焼効果があることがわかっております。

むしろ激しい運動を続ける方が弊害がある場合もあるのです。

 

まずは、運動をしてスッキリできる実感を味わおう

では、どれぐらいの強度で運動、トレーニングをすれば良いのでしょうか。

 

最初は、少し動き、多少汗をかくだけで十分です。

(もちろん、人により体力が異なりますので、一概に言えませんが、物足りないぐらいで良いです。)

 

今までスポーツをして、汗をかくと、爽快感やスッキリしたという感覚を味わったことはありませんか?

細かい説明は省きますが、これはストレス対策に効果的なホルモンが分泌されることにより、心地よい気分を味わえるからです。

 

そうです!

まずは運動、体を動かすことで、「運動=心地よい、ストレスが解消される」という感覚を体感できるようにすれば良いのです。

一度、この感覚を体に覚えさせれば、運動をすることが楽しくなり、続けるモチベーションにもなります。

 

 

さらに、体を動かすことで体力や免疫力が高まり、身体機能が向上します。

ストレス耐性もでき、精神的にも安定するなど、メリットは多いのです。

 

 

これだけいいことづくめであれば、運動を習慣化しない手はありません。

そして、トレーニングすることが趣味になり、それが自然とダイエットにつながれば言うことはありませんね。

 

 

次は → 【ルール8】ダイエットには有酸素運動と筋トレを組み合わせる

 

 

medi8記事下

2017/08/04


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です