40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


【ルール4】食事は極度の制限はせず、まずは置き換えから

 

さて、先のページで運動の重要性について説明をした通りです。

そして、ダイエットを行う場合、食事の見直しも必要になります。

 

食事制限はやればやるほどキリがなくなる

食事は運動と違い、毎日の習慣であり、栄養(エネルギー)の摂取に関わるものなので、欠かすことができないものです。

そして、食べるものによって体が作られます。

言い換えると、食べ物はダイエットに大きく影響を及ぼすのということになります。

 

ゆえに、ダイエットを始め、健康を維持するために食事に気を使う方がいるのは当然といえます。

○○を食べれば○○に良い、○○は低カロリーで脂肪も吸収しにくいので良いなど、食べ物、それに含まれる栄養素についての情報も雑誌用で目にすることも多いのではないでしょうか。

 

しかしながら、それらの情報をあれもよい、これも良いと振り回された結果、バランス悪い食生活になり、逆に体調を崩すこともあったりします。

 

食生活を劇的に変えるのは困難

とはいえ、太ってしまう原因は、ほとんどの場合食生活が原因であることが多いので、どうしても見直しは必要になります。

ですが、今までの食生活を、急に変更すると、今まで慣れている味覚、そしてお腹を十分に満たされないなど、いつもと違ってくることで、逆にストレスが溜まり体によくありません。

 

結局、今までの食生活に戻ってしまい、何も変わらないままです。味に戻りたくなる欲求に負け、結局元の鞘に戻ってしまいます。

 

なので、食事の改善についても、運動と同様、長期計画で徐々に変えていくのが良いと考えます。

 

当サイトで推奨するダイエットは運動と食事の改善を並行して行うことですが、継続するコツとして、まずは運動をスタートさせて、食事は今まで通り変えずに食べていただくことをオススメしております。

 

運動が習慣化できると、運動するのに必要なエネルギーになる食べ物(肉などのタンパク質)を自然と欲するようになり、味覚も徐々に変わっていきますので、ストレスなく無理せず食生活を改善できるようになります。

 

太りそうな食べ物は置き換え、そして徐々に量をコントロールできるのが理想

食事面の具体的なダイエット方法は、後のルールで触れますが、食べ物については極度に神経質になる必要はないと思います。

しかし、食べ物の中には太りやすく、中には体に悪いものも多いです。

 

 

自分自身の食生活を見直して、これは影響があると思ったものは、まずは置き換えてみるのがいいと思います。

例えば、以下は一例ですが、次のように置き換えるのはどうでしょう。

 

・ジュース・炭酸飲料 → お茶・フレーバーウォーター

・ポテトチップス類 → せんべい

・ラーメン → うどん・そば

・とんカツ → ソテー・塩焼き

 

まずは、自分で置き換えられそうなものを探してみるのも、取り組みやすいかもしれませんね。

 

そして、運動を続け、食生活を置き換えなどしていけば、徐々に体重が減っていきます。

成果が目に見えれば、意識も変化しますので、自ら食事の量を調整しようとか、午後9時以降は食べないなど、抵抗なく受け入れることができるようになります。

 

まずは、無理をせず、少しづつ改善できるようにしましょう。

 

 

次は → 【ルール5】睡眠の重要性

 

 

medi8記事下

2017/08/04


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です