40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


【ルール2】ダイエットしてどのようになりたいかを考える

 

ダイエット方法について説明する前に、皆様がダイエットをする目的、つまりなぜダイエットをしようと思ったのかについて、一度か認識していただく必要があります。

このように書くと、肩に力が入り、ついつい身構えてしまいそうですが、難しく考える必要はありません。

 

痩せること自体が目的ではなく、痩せたらどうなりたいかを考えよう

おそらく、ダイエットをしたいなと思うようになったきっかけは次のようなことではないでしょうか。

 

・痩せて見栄えの良い身体を作る

・自分に自信を持つ

・メタボを解消して病気予防、あるいは治療そのもののため

 

はっきり言ってしまうと、痩せてモテるようになりたい、あるいは愛されるようになりたいということですね。

男性ならばカッコよくなりたい、女性ならば美しくなりたい(かわいくなりたい)と思うのは当然の欲求ですから、それが大きなモチベーションとしてダイエットに取り組むことは、むしろ好ましいことです!

 

それとは別に、太ってしまうことで病気になりやすくなってしまう、あるいは健康診断で引っかかって、これ以上何もしないと命の危険もあると注意を受け、必然的におこなわざるを得ないケースですね。

やはり、何より命は大事ですから、そのように忠告され、取り組もうとするのも大事なことです。

(何も思わなければ、ダイエットしようなんて思いもしないでしょうからね。)

 

体重を落とすだけでなく、どのような体型になりたいかも思い浮かべよう

ダイエットの目的(どのような体になりたいか)を突き詰めていくと、ただ単に体重を落とすだけではないということは明白ですね。

体に染み付いてしまった余分な脂肪(皮下脂肪、内臓脂肪)を削ぎ落とし、出ていたお腹を引っ込め、膨れた顔をすっきりさせ、お尻を小さくし、太ももを細く、二の腕の肉もなくす・・・、挙げていくとキリがありませんね(笑)

 

特に男性は痩せるだけではなく、ある程度、筋肉質の体(例えば細マッチョ)を手に入れたいでしょうし、女性も最近はフィットネスで鍛えてメリハリボディを手に入れたいという方も多いですね。

 

 

検診で引っかかり、食事制限でのダイエットをしている場合にしても、体重は落ちますが、実は筋肉が減っているケースがほとんどです。

こうなると、元凶である脂肪はなかなか減らないのです。

 

これだと、せっかく痩せてもメタボの解消にはならず、成人病にかかる可能性は変わりません。

 

理想の体型と健康的な体を同時に得るには運動も必要

つまり何を言いたいかというと、理想のボディを手に入れるのであれば、【ルール1】で述べた通り、食事制限などで体重を落とすだけでなく、運動をを取り入れて脂肪を燃焼させ、筋肉をつける必要があるのです。

 

巷で宣伝されている、食べるだけで痩せるサプリを服用してダイエットをすれば、確かに体重は減るかもしれません。

 

しかし、運動をしないと、体にはたるんだ肉がそのまま残り、なんともメリハリがなく、締まりのない体になります。

若いうちは肌にハリがありますので何とかなりますが、歳を重ねると、たるんだ皮膚が残ってしまう残念な結果になります。

 

また、健康目的のダイエットであっても、体を動かさないと、筋力が弱まり、足腰が立たず動けなくなり、最悪寝たきりになってしまう可能性だってあります

これでは、せっかく健康目的であっても長生きできません。

さらに、溜まりに溜まった脂肪は、運動して燃焼させてあげないと、なかなか減らすことができません。

 

運動の必要性を説くと、疲れるし面倒だなというイメージがあるので、二の足を踏んでしまいがちですが、実際にそれほど激しい運動をするわけではありません

極端にいうとラジオ体操ができる体力があれば大丈夫です!

(実際には、もう少し動いた方がより早く痩せますが・・・)

 

それに、激しい運動ばかりして、途中で投げ出しては元も子もありませんので、せっかく運動するのであれば、心地よい気分になれるように行うことが重要であると考えております。

具体的な方法等については、別途説明いたします。

 

 

次は → 【ルール3】運動はスポーツジムに通うことがオススメ

 

 

medi8記事下

2017/08/04


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です