40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

medi8ヘッダ


ダイエット 有酸素運動

有酸素運動前にエナジードリンクを飲むと効果はあるのか?

2017/08/04

 

最近、困ったことに、トレーニング時にランニングをすると、息切れというか疲労が早くきてしまい、場合によっては完走できないこともあります。

普通、地道にトレーニングを重ねれば、少しずつ体力もつくはずなのですが、まさか体力の低下に悩むことになるとは・・・。

さすがにこれは変だなと思い、現在の自分のトレーニング内容と生活で変化があったことがないか考えてみました。

そうしたところ、次の2点のことが引っかかりました。

・筋トレメニューを変更し強度を増やしたこと

・日常生活が忙しく睡眠時間が少なくなっていること

 

まず、筋トレに関しては、短い時間で効率を上げようと思い、ダンベルを使ったフリーウエイト(要はマシンを使わない)に最近切り替えました。

ダンベルの重さも限界まで重いものを選択してトレーニングしているので、1つのメニューを終えることには、結構体力を消耗するようになりました。

そのあと、ほとんどインターバルがないまま走るので、いつも以上に疲れた状態で走れば、さすがに途中で息切れしてしまいます。

(でも、いつもそうではなく、ちゃんと走り切れることもあるのです)

 

そして、もう1つ引っかかったのが、睡眠時間があまり取れていないことです。

なぜかここ3ヶ月ほど、日中も色々やらなくてはいけない作業が増え、気づいたら睡眠時間が5時間も取れていないことがあります。

頻繁にトレーニングをしていないのであれば、それでもなんとかなるのですが、トレーニングで披露した体を十分休めることができていないため、それが知らず知らず蓄積したのでしょう。

 

トレーニング前にエナジードリンクで栄養補給をしてみた

ともかく、原因はほぼハッキリしました。

睡眠については、なんとか時間を捻出してしっかり寝るようにすればいいです。

しかし、トレーニングについては、今のレベルを落とすわけにはいかないので、なんとかこの状況を保ったまま、「筋トレ」→「トレッドミル(ランニングマシン)でのランニング」で行えるようになりたいです。

そこで、トレーニングに行く前に、ちょっと疲れがあるかなと感じたときに、効果があるだろうと思い、エナジードリンクを飲むようになりました。

下記にある「Red bull(レッドブル)」や「モンスターエナジー」というのが有名な、あの飲み物です。

 

 

今はTENGAのエナジードリンクなんかもあるのですね。

夜の味方になってくれるのでしょうか?

 

ドリンク類だと、他に「タフマン」や「アリナミン」「リゲイン」といった栄養ドリンクなども古くからありますね。

ただ、こちらのドリンク類については、個人的にどうも抵抗があり、口にしたくないのですよね。

もっと歳を取った時もの、あるいは風邪などを引いたときに仕方がなく飲むものとイメージがあり、これを飲んだら自分が衰えたと認めてしまうような気がして(笑)

それならば、まだエナジードリンクの方が良いなと思った次第です。

で、実際に飲んでトレーニングをしてみると、意外と快適に動くことができ、ランニング時も途中で息切れすることなく、走りきることができるようになっていきました。

もしかすると、飲んだことによる安心感もあるのでしょうか、実際に含まれる成分が本当に効果があるのかもしれないと思うようになりました。

ただ、毎回飲んでいてはキリがありません。

やはり、こういうのに頼らずトレーニングできた方が効率も良いですね。

 

実際のところ、有酸素運動におけるエナジードリンクの効果はあるのか?

では、実際のところ、エナジードリンクには有酸素運動をはじめとした体力回復やパフォーマンス向上の効果はあるのでしょうか?

某レッドブルは飲んだら翼が生えるとアピールしていますね(笑)

 

エナジードリンクに含まれる成分は、商品によって違いはありますが、概ね含まれているとされる代表的なものは、次の通りです。

・カフェイン

・アルギニン

・ビタミン

・ナイアシン

今回は個々の成分について深掘りはしませんが、効能としては「滋養強壮」「中枢興奮作用」「覚醒作用」になります。

カフェインなどに含まれる中枢興奮作用には一時的に筋力アップさせ、また脂肪燃焼効果があることが知られております。

アルギニンはアミノ酸の一種で、服用すると成長ホルモンの濃度を上げ、血管を拡張し循環を良くしてくれます。

 

しかし、エナジードリンクは日本では「清涼飲料水」に分類されますので、カフェイン以外の成分はそれほど含まれていないのです。

そう考えると、エナジードリンクを飲んで、パフォーマンスが上がったと感じるのは、カフェインによる覚醒効果と、炭酸と糖分をとったことにより、頭が冴えたように感じたと考えるのが良いでしょう。

 

飲み過ぎはやはり避けるべし

以上のように考えると、エナジードリンクを飲んでトレーニング前の栄養補給というのは、あまり好ましくなさそうです。

どうしても疲れがあってシャキッとしたい場合には効果があるかもしれませんが、それを毎回やると、糖分の摂りすぎになる可能性もあるので、頼りすぎるのはダイエットには好ましくないです。

もし、運動前にパフォーマンスを上げるのであれば、アミノ酸を摂るのが良いと言われておりますので、摂取するのであれば、アミノ酸が含まれたものを飲むのが良いでしょう。

VAAMなども良さそうですね。

 

 

でも、ダイエットで運動する場合は、何か記録を出すというわけではないので、自分の体力の範囲で行えば良いのですが、一旦ハマりだすと、レベルを落としたくないという気持ちもあり、どこで妥協をするのかが悩ましいところです。

 
昔ながらのすっぽんも滋養強壮に効きそう!

 

 

medi8記事下

-ダイエット, 有酸素運動