40代から始めるダイエット&アンチエイジング

40代でもまだまだダイエットは間に合います!また気になるアンチエイジングについてもチェック!目指せ−10歳!

最近よく聞く「中性脂肪」とは?減らすことは簡単なのか?

2018/07/11

 

ダイエット関連の健康食品やサプリ類の宣伝・広告に目を通すと「中性脂肪」という言葉を見聞きする機会がありませんか?

 

ダイエットは「体重を減らす=脂肪を減らす」こと、

当然この中性脂肪も邪魔なものであるから減らすに越したことはありません。

 

 

ですが、そもそも中性脂肪とは、一体どんなものなのでしょうか?

脂肪というと内臓脂肪と皮下脂肪とありますが、同じようなものなのか?

それとも別の新たなものなのでしょうか?

 

今回は中性脂肪についてみていきたいと思います。

 

 

>>血中中性脂肪に作用するトクホ(特定保健食品)!

中性脂肪とは?

健康診断の項目に中性脂肪値というものがあり、基準値より多いと危険ですよと指摘されたこともあるのではないでしょうか。

 

 

でも、中性脂肪とはどんなものを指しているのでしょうか?

 

中性脂肪は別名トリグリセリド(TGと表記されることもあり)と言われております。

医療関係のサイトでは次のように説明されております。

食物として取る脂肪の大部分が中性脂肪(トリグリセリド)です。エネルギー源として使われ、余分なものは肝臓や脂肪組織に蓄えられます。脂質・糖質・アルコール等の取り過ぎや肝臓病・糖尿病で高値になります。

中性脂肪と呼ばれるものの90%以上はTGであり、中性脂肪と同義語と考えて差し支えありません。食事による脂肪、炭水化物などカロリー摂取が増えると血清TG値は増加します。また、TGは食事から摂取される以外に肝臓でも合成されています。このため炭水化物を多くとってもTGは増加します。飲酒によっても肝臓でのTG合成が亢進(こうしん:気持ちや病勢などが、高ぶり進むこと)します。過剰のTGは肝臓に蓄積され脂肪肝の原因となります。さらに慢性的になると肝細胞に繊維化が起こり肝硬変へと進行します。

このようにTG値はカロリー摂取によるものと、肝臓での合成によるものとに分けられるため、栄養状態、小腸での吸収能、肝臓での合成能の指標となります。合成が亢進する状態すなわち肥満症や糖尿病の評価の一つに用いられています。

基準値
50~149 mg/dl

関連する疾患
(高TG血症)
1.動脈硬化促進因子であり、高コレステロール血症が合併すると虚血性心疾患や脳卒中など動脈硬化性疾患のリスクが増大。
2.急性膵炎発症の危険因子。食事に由来する血清TG値が1,000 mg/dl以上になると危険域。

(TG低値)甲状腺機能亢進症、重症肝疾患、胃腸切除後の吸収障害、腫瘍などによる代謝異常

<財団法人神奈川県予防医学協会のwebページより引用>

 

簡単に説明すると、内臓脂肪や皮下脂肪のように体についている脂肪ではなく、食べ物に含まれる脂肪のことを指しているのですね。

つまり、中性脂肪(トリグリセリド)を摂りすぎると、まずは血液中の中性脂肪が増え、そこから肝臓や内臓・皮下脂肪に蓄積されていくというわけです。

いわゆる悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増える原因にも当てはまり、特に血中中性脂肪が増え、ドロドロ血液になってしまうのです。

そのため、脂質異常症や脂肪肝にかかり、そこから脂肪肝や動脈硬化、脳梗塞を引き起こしてしまうのです。

 

 

>>中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがちな方に

 

原因がわかれば、対策も目に見える

中性脂肪がどんなものであるのかが分かれば、その対策もわかりますね。

脂質・糖質の高いもの食べ過ぎないこと、アルコールの飲みすぎに注意、そしてカロリーを消費させるために適度に運動を取り入れることです。

つまり、普通のダイエット対策となんら変わりがないということですね!

 

 

しかし、健康診断等で中性脂肪値が高いと判定されてしまった場合はどうすればよろしいのでしょうか。

そのような場合も、基本的には先ほど説明した通り、脂質の多い食べ物を控えて、徐々に改善していくことが大事になります。

 

その他にも次のようなことに注意すると良いでしょう。

 

  • 動物性脂肪(肉・卵など)の摂取をできるだけやめる
  • お酒やお菓子を控える
  • 禁煙

 

本来、肉や卵はタンパク質が豊富ですので、ダイエットのためには積極的に食べるのが好ましいです。

ただし、中性脂肪が多いと診断された場合は、体内から減らさなくてはいけませんので、正常値に戻るまでは控えた方が良いです。

 

タンパク質は豆類なのど植物性たんぱく質や、魚類から摂るようにします。

どうしても肉類が食べたい場合は、ヒレ肉、鶏の胸肉やササミにすると良いでしょう。

なお、最近はトクホなどで中性脂肪を減らす食品類も出ておりますので、気になる方は試してみるのも良いでしょう。

 

中性脂肪の取りすぎは、ダイエットはもちろんのこと、生活習慣病を引き起こすこともあります!

少しでも思い当たることがありましたが、これを気に見直しをしてみましょう!

 

 

>>ニッスイ「イマーク」公式サイトはこちら!
 

-ダイエット, その他ダイエット